HOME  >  新着情報  >  【受賞】電気電子系コース博士前期課程1年の長谷川直孝君、木村祐哉君、澁谷要治君のチームが第19回LSIデザインコンテストで優勝し「電子情報通信学会(SIS AWARD)」を受賞しました!

新着情報・・・千葉大学 大学院工学研究科・工学部の最新情報

【受賞】電気電子系コース博士前期課程1年の長谷川直孝君、木村祐哉君、澁谷要治君のチームが第19回LSIデザインコンテストで優勝し「電子情報通信学会(SIS AWARD)」を受賞しました!

2016年03月17日掲載

 2016年3月11日に第19回LSIデザインコンテストが琉球大学で開催され、電気電子系コース博士前期課程1年の長谷川直孝君、木村祐哉君、澁谷要治君のチーム「いつまでもいろあせない(Stay Gold)」が優勝し、「電子情報通信学会(SIS AWARD)」を受賞しました。
 学生によるLSI設計のアイデアと技術を競うコンテストで、近年は海外からの参加も多く、国際的な大会になっています。3名まででチームを組むことができ、今年のエントリー数は30チームにのぼりました。
 レポート選考(予選)を通過した12チームが英語で行われる最終プレゼンテーション(本選)に臨み、激戦の中で、千葉大学からエントリーしたチーム「いつまでもいろあせない(Stay Gold)」は、最優秀の評価を受け、優勝及び「電子情報通信学会(SIS AWARD)」の受賞となりました。
 なお、今回の活躍で千葉大学チームの優勝は通算で5回となり、これは、バンドン工科大学(インドネシア)の4回、京都大学の3回を抑え、堂々1位の記録です!

  
  【LSIデザインコンテスト・イン沖縄HP】http://www.lsi-contest.com/


チーム「いつまでもいろあせない(Stay Gold)」のメンバー。左から、澁谷君、長谷川君、木村君。

一覧ページへ
新着情報
ページ上部へ