HOME  >  新着情報  >  【お知らせ】コンピュータと将棋をテーマに描いた電気電子系コース伊藤智義教授原作のコミックが少年チャンピオン誌上で6月9日より集中連載されます!

新着情報・・・千葉大学 大学院工学研究科・工学部の最新情報

【お知らせ】コンピュータと将棋をテーマに描いた電気電子系コース伊藤智義教授原作のコミックが少年チャンピオン誌上で6月9日より集中連載されます!

2016年05月25日掲載

 プロ棋士と将棋ソフトが対戦する大会として「電王戦」があります。2013年に開催された第2回大会で将棋ソフトがプロ棋士を圧倒しました。
 コンピュータ科学を専門とする伊藤教授は人間の知的文化にコンピュータが挑戦していく時代は終わったのではないかという懸念を抱き、一つの物語を書きました。
 その着想に興味を持ったのが少年チャンピオン編集長の沢考史さんでした。打合せを重ね、松島幸太朗さんの作画で、集中連載が実現しました。
 
伊藤教授「最先端の科学技術には良い面もあれば弊害もあります。マンガというメディアで若い人たちに両面を伝えていければ嬉しいですね」

沢編集長「大学と少年マンガ誌のコラボレーション。第一線の研究者が書き下ろした生原稿をエンターテインメントとして発信することに新たな可能性を感じています!ご期待下さい!」

http://www.akitashoten.co.jp/w-champion

 
           沢編集長(左)と伊藤教授(右)
 
 

マンガタイトルと作画の松島さん

一覧ページへ
新着情報
ページ上部へ