HOME  >  受験生の方へ  >  工学部入試情報

受験生の方へ(工学部入試情報)

工学部入試情報

学部入試日程

平成24年度工学部の学部入試は、以下の予定です。詳しくは各試験の募集要項で確認してください。
入学試験名 募集学科 募集要項
配布時期
出願受付期間 検査日 合格発表
3年次編入学
(推薦選抜)
全学科 平成23年
4月上旬
平成23年
5月16日(月)

5月18日(木)
平成23年
6月4日(土)
平成23年
6月14日(火)
3年次編入学
(学力選抜)
【一般枠】
全学科 平成23年
6月14日(火)

6月17日(金)
平成23年
7月9日(土)
学力検査
7月10日(日)
面接
平成23年
7月29日(金)
3年次編入学
(学力選抜)
【社会人枠】
都市環境システム学科
1年次
推薦入試
・画像科学科
・情報画像学科
平成23年
7月11日
平成23年
11月1日(火)〜
11月4日(金)
平成23年
11月19日(土)
平成23年
12月2日(金)
1年次
帰国子女入試
全学科
1年次
理数大好き
学生選抜
ナノサイエンス学科
1年次
私費外国人
留学生入試
全学科


募集要項の請求方法

ホームページよる閲覧

以下のリンクに各募集要項(抜粋)を掲載しております。

窓口での受け取り

配付時期以降に工学部学部学務グループ(工学部管理棟1階)の窓口で配付します。

テレメールによる取り寄せ

テレメールは、インターネットから資料請求ができるシステムです。配付時期以降に請求ができます。募集要項の受け取り後、同封される支払方法に従って料金をお支払ください。(工学部案内も併せて請求が可能です。)

郵送による取り寄せ

返信用封筒(下表で指定する切手を貼ったA4サイズの印刷物が入る封筒に、あなたの郵便番号・住所・氏名を明記したもの)を同封の上、封筒の表に「請求する募集要項名 請求」と朱書きの上、工学部学部学務グループ宛に送付してください。返信用の封筒に請求された募集要項を入れて返送します。
(工学部案内を併せて請求される場合は、下表で指定する切手を封筒に貼付の上、封筒の表に「工学部案内請求」と書き加えて請求してください。)

請求する募集要項名 返信用封筒に貼り付ける切手の金額 工学部案内を併せて請求する場合の切手の金額
3年次編入学※【一般枠】(推薦選抜・学力選抜)と【社会人枠】 共通の募集要項です 240円 390円
1年次 推薦入試 200円 240円
1年次 帰国子女入試 200円 390円
1年次 理数大好き学生選抜 200円 240円
1年次 私費外国人留学生入試 200円 240円
郵送による取り寄せ

過去問題の入手方法

ホームページからダウンロード

過去の問題をダウンロードできます。
以下のリンクをクリックしてください。

入 学 試 験 名 入 手 で き る 問 題
3年次編入学(学力選抜)
※社会人枠の過去問題を含みます
過去5年分
※社会人枠の過去問題は過去2年分です
1年次 推薦入試 過去5年分
1年次 帰国子女入試 過去5年分

※著作権に抵触するおそれのある箇所は掲載しておりません。

※以下の試験は面接試験のため、過去問題はありません。
  ・3年次編入学(推薦選抜)
  ・1年次 理数大好き学生選抜
  ・1年次 私費外国人留学生入試

窓口での閲覧等

工学部学部学務グループの窓口で過去の試験問題(原本)を閲覧できます。
(短時間の貸し出し可)

入 学 試 験 名 入 手 で き る 問 題
3年次編入学(学力選抜)
※社会人枠の過去問題を含みます
過去5年分
※社会人枠の過去問題は過去2年分です
1年次 推薦入試 過去5年分
1年次 帰国子女入試 過去5年分

連絡先

お問合せ等に関しては、下記までご連絡ください。

工学系事務センター 学部学務グループ
  • 〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1番33号
  • 電話: 043-290-3054   (月〜金 9:00-12:00、13:00-17:00 但し祝日は除く)
  • E-mail: mak3054@office.chiba-u.jp

工学部案内

工学部案内(PDFファイル)を掲載しております。

テレメールでの資料請求

テレメールは、インターネットから資料請求ができるシステムです。
配付中の資料(大学案内,工学部案内等)をこちらから請求することができます。

工学部入学工者受入れの方針(アドミッションポリシー)

コンピュータの発展と普及により、科学技術は大きな転換期を迎えています。私たちは、豊かな社会構築をめざして効率性や利便性を追求する上で、人にやさしいこと、環境にやさしいことも求められています。工学部では、工学教育の伝統的な専門性を尊重しながらも、その枠を超えて互いの連携・融合を図ることにより、常に、広範な社会的要請に応えられる専門教育システムの確立に努めています。そして、「なぜ」「いかにして」「何をなすべきか」の3つの能力とマインドを総合的に備え、それを実践できる工学技術者・研究者の育成を目指します。
私たちは、工学を「豊かな人間社会の構築をめざす実践の学問」と考えています。社会と環境を支える技術者・研究者を育成する工学部では、

  1. 「なぜ」を問う好奇心・探求心
  2. 「何をなすべきか」を主体的に考える力
  3. 「いかにしてなすか」を構想し、実践する力

を修得することに、興味と資質を有する人材を求めます。
各学科では、上記を踏まえ、次のような人を求めています。

建築学科
都市を含む現代地域社会の豊かな環境の構築と諸問題の解決に対し、工学的探究心をもち、総合的かつ積極的に取り組む意欲のある人
都市環境システム学科
21世紀にふさわしい都市概念の創成と、豊かで環境と調和した都市空間の実現に向けて探究心をもち意欲的に取り組む人
デザイン学科
学術・技術・芸術を総合した幅広い知識に基づく実践としてのデザインを学び、社会的使命感をもって創造的問題解決に取り組む意欲のある人
機械工学科
ものづくりに興味があり、数学や物理が大好きで、それらを応用した機械工学を学びたいと思っている人 。将来、機械に関連した産業分野で働く機械設計や制御などに関わる技術者や、機械工学を核とする多様な技術領域で活躍する研究者を目指す人
メディカルシステム工学科
医療機器や技術の開発などを通して、人類の基本的欲求である健康を支える医用工学の発展に向けて、情熱と意欲のある人
電気電子工学科
電気電子工学の社会的使命に興味を示し、その科学技術の発展に寄与したいと強く希望する人。さらに、そのための専門的な知識・能力を習得する意欲と、それを支える基礎的素養を備えている人
ナノサイエンス学科
原子・分子レベルのナノスケールの世界を操り、新しい科学・工学領域を切り拓く意欲のある人。特に、夢と強い探究心と粘り強さをもつ人
共生応用化学科
化学を学び、環境調和技術、バイオテクノロジー、機能材料などに応用することへの意欲をもち、そのための基礎学力がある人。さらに、物質創生・生産に関わる研究者・技術者を目指す人
画像科学科
基盤学問に立脚した画像の形成・表示・記録・伝送などの技術、ならびに人と画像のかかわりに興味を持ち、画像を通して人に優しい未来の実現に意欲のある人
情報画像学科
人と情報化社会の調和を考え、情報の獲得・記憶・処理・伝達・表現のための知識・技術を修得し、未来の情報画像社会を創成し、支えていくことに能力と意欲のある人
ページ上部へ