千葉大学 大学院工学研究科・工学部


Ueda Akira  Portrait 20150330 - コピー02.jpg
植田 憲
ウエダ アキラ
Akira Ueda
大学院工学研究科デザイン科学専攻
デザイン文化計画教育研究分野
教授
デザイン科学専攻
デザイン科学コース
デザイン学科
デザイン文化計画研究室
043-290-3111
043-290-3111
aued@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://hist1.ti.chiba-u.jp
早稲田大学理工学部機械工学科1991,千葉大学大学院自然科学研究科1998 修士(学術),千葉大学大学院自然科学研究科2002 博士(学術)
2002千葉大学助手工学部,2003千葉大学講師工学部,
2007千葉大学助教授工学部,2007千葉大学准教授工学研究科,
2011現職
日本デザイン学会,日本感性工学会
内発的地域づくり(Endogeneous Regional Development)、内発的観光創造(Endogeneous Tourism Creation)
[1]内発的発展論を基底とした地域振興計画[2]維持可能社会の創生を目指した伝統的工芸品の保全・育成
[1]THE CULTURE OF “MOTTAINAI” SEEN AS SYMBIOSIS BETWEEN JAPAN’S CERAMIC-PRODUCING REGIONS AND THE NATURAL ENVIRONMENT -Part II: The Seto Region of Aichi Prefecture, THE SCIENCE OF DESIGN, JSSD, Vol.57, No.2 (2010)、[2]TRANSITION IN PEOPLE'S WORLD VIEWS CAUSED BY MECHANIZATION -A Comparative Analysis of Two Methods of Rice Cake Making, THE SCIENCE OF DESIGN, JSSD, Vol.53, No.3, (2006)、[3]Endogeneous Tourism Development Applicable to Islamic Countries –A Success Story in Japan: Living Handicraft Movement of Mishima Town in Japan, Akira Ueda, Tourism and Handicrafts in the Muslim World -International Conference on Tourism and Handicrafts, IRCICA (Research Centre for Islamic History, Art and Culture) (2006)、[4]内発的地域発展論を基底とした地域連携に関する研究、博士論文、千葉大学(2002)、[5]地域資源活用に基づく「ベトナム伝統工芸村」設立計画,デザイン学研究,JSSD 148 77-86 (2001)
主な作品:[1]工藝之心 -日本生活工藝的傳承與開創展示パネル、工藝之心 -日本生活工藝的傳承與開創、(2005)、[2]台湾芸陣博物館展示基本計画(2000)[3]中日編織工藝交流展「日本編織文化」ディスプレー計画・事例紹介パネル(1998)、[4]台湾全国社區總體營造博覧会日本館ディスプレー計画・地域づくり事例紹介パネル展示(1997)
<工学部>デザイン論I、デザイン文化論、デザイン文化計画演習、造形演習、環境文化論、<大学院工学研究科・博士前期課程>文化計画論、デザインインタラクティブ3、<大学院工学研究科・博士後期課程>デザイン文化論、デザインイノベーション、<普遍教育科目>観光を考える、コンビナートを考える、地域を知る・地域とかかわる、地域文化とデザイン、デザイン科学(Introduction to Design Science) (J-PAC科目))
研究概要テンプレートファイルA_デザイン・植田憲.pdf(pdf)