千葉大学 大学院工学研究科・工学部


20110429173336.jpg
桐谷 佳惠
キリタニ ヨシエ
Yoshie Kiritani
情報コミュニケーション教育研究領域
コミュニケーションデザイン教育研究分野
准教授
デザイン科学専攻
デザイン科学コース
デザイン学科
043-290-3096
kiritani@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
千葉大学文学部行動科学科1990,慶應義塾大学大学院社会学研究科1992修士(心理学),同大学大学院博士後期課程単位取得退学1995,博士(心理学)1999
日本学術振興会特別研究員1995,千葉大学工学部助手1997
日本心理学会,日本基礎心理学会,日本デザイン学会,日本感性工学会, Design Research Society
実験心理学,デザイン心理学
[1] コミュニケーション支援研究。[2] 情報ゲシュタルトの切り出しと可視化の研究。[3] 化粧における色誘導の研究。[4] 実験現象学の今日的意義の検討。
[1] A test of acting evaluation to assess a proposal of communication support study. デザイン学研究, 59(1), 31-38, 2012(Kuwabara, S., Tamagaki, Y.と共同). [2] Effect of visualization of words relation in electronic English-Japanese dictionary. デザイン学研究,59(3), 59-66, 2012(Nippashi, N., Tamagaki, Y.と共同). [3] 道具としての色:イメージカラーを探そう!,内閣府認定 公益社団法人 色彩検定協会主催 2012A・F・Tセミナー,2012.7.14(大阪),2012.7. 21(東京)..[4]Visualization of information of a Japanese onomatopoeia. European Conference on Visual Perception 2012, 2-6 September 2012, Alghero, Italy; Perception (Supplement), 41, p. 239, 2012 (Suzuki, K., Tamagaki, Y.と共同).[5]Visualization of information of a Japanese onomatopoeia as infographics. st Visual Science of Art Conference, 1-2 September 2012, Alghero, Italy; pp. 63-64.(Suzuki, K., Tamagaki, Y.と共同).
臨床行動心理学の基礎, 丸善, 2003(共著)
美と感性の心理学—ゲシュタルト知覚の新しい地平—, 日本大学文理学部叢書, 2007(共著)
心の働きの科学2(コア科目),コミュニケーションデザインIII(学部),コミュニケーションデザインIV(学部), 生活行動の心理学(学部)
デザインインタラクティブIII, メディアデザイン論(博士前期課程)
メディアデザイン情報論(博士後期課程)
研究概要kiri13.pdf(pdf)