千葉大学 大学院工学研究科・工学部


写真劉.jpg
劉 康志
リュウ ヤスシ
Kang Zhi Liu
システム・制御領域
システム設計教育研究分野
教授
人工システム科学専攻
電気電子系コース
電気電子工学科
システム設計教育研究分野
043-290-3340
043-290-3340
kzliu@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://www.sd.te.chiba-u.jp/people/liu_j.html
中国西北工業大学航空制御工学科1984年工学学士,千葉大学大学院工学研究科1988年工学修士,同大学院自然科学研究科1991年学術博士
2004年International Journal of Systems Science誌Associate Editor,2008年Journal of Control Theory and Applications誌Associate Editor,2010年計測自動制御学会論文集制御グループ主査,2003年計測自動制御学会会誌編集委員会制御小委員会主査
1991年千葉大学工学部助手,1996年同助教授,2010年同教授,2001年 1〜12月米国Louisiana State University客員准教授,2006年より北京科技大学客員教授
米国IEEE,日本計測自動制御学会,日本電気学会,日本機械学会
制御工学の先端理論と実践
スマートグリッドの制御
(1) Smart Gridのためのシステムインテグレーション論(2) ネオ・ロバスト制御理論 (3) Non-smoothシステムの非線形制御と飽和,スイッチング及び非線形摩擦システムへの応用 (4) パワーエレクトロニクスのための高効率スイッチング制御方法と技術 (5) モータドライブの制御
(1)半導体ウェーハー用RTP装置のモデルベース制御,電気学会論文誌D,Vol. 131,No. 2,pp.159-165 (2011.2)
(2)Neo-robust control theory -Beyond the small-gain and passivity paradigms-, in Theory and Applications of Complex Systems and Robust Control (Edited by J. Huang, K.Z. Liu and Y. Ohta), pp.217-231, Tsinghua University Press (2010.8)
(3)Output feedback control for saturated systems and its application, in Theory and Applications of Complex Systems and Robust Control (Edited by J. Huang, K.Z. Liu and Y. Ohta), pp.119-133, Tsinghua University Press (2010.8)
(4)A new model predictive control approach to DC-DC converters based on combinatory optimization, SICE Journal of Control, Measurement and System Integration, Vol. 3-1, pp. 39-42 (2010)
(5)LPV modeling and gain-scheduled control approach for the transient stabilization of power systems, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 5-1, pp. 87-95 (20010.1)
(6)On-Off制御系に対する安定化出力フィードバック則の設計法,計測自動制御学会論文集,Vol.44, No.5, pp.415-424(2008.5)
(7)自動車の走行安定化Gain-Scheduling制御,日本機械学会論文集,Vol.73, No.729, pp.1285-1290 (2007.5)
(8)Filippovの枠組みにおけるOn-Off制御系の安定化,計測自動制御学会論文集,Vol.43, No.1, pp. 23-30 (2007.1)
(9)An exponentially ε-convergent control algorithm for chained systems and its application to automatic parking systems, IEEE Trans. on Control Systems Technology, Vol. 14, No. 6, pp.1113-1126 (2006.11)
(10)自動車の自動駐車技術の実用化に関する研究,計測自動制御学会論文集,Vol.42-7, pp. 765-774 (2006)
(11)A Simple Derivation of ARE Solutions to The Standard H∞ Control Problem Based on LMI Solution, Systems & Control letters, Vol. 55, No.6, pp. 487-493 (2006)
(12)Modeling and gain-scheduled stabilization control of a unicycle robot, JSME International Journal, Series C, Vol.48-4, pp.649-656 (2005)
(13)A nonlinear output feedback control method for a 5DOF active magnetic bearing system, 計測自動制御学会論文集,Vol.41-3,pp.216-225(2005)
(14)Stability analysis for nonlinear feedback control systems with linear actuator, IEEE Trans. on Automatic Control, vol. 48-4, pp. 649-654 (2003)
その他:
1989年度計測自動制御学会学術奨励賞受賞
1994年度同学会論文賞受賞
1999年度同学会技術賞・武田賞受賞
2007年度SICE International Award受賞。
(1)現代制御理論通論(共著),培風館(2006年)
(2)線形ロバスト制御,コロナ社(2001)
(3)ロバスト最適制御(共訳),コロナ社(1997)
(4)現代ロバスト制御理論と応用(共著),清華大学出版社(中国)(2003)
(5)自動車エンジンのモデリングと制御,コロナ社(2011)
基礎制御理論1
基礎制御理論2
ロバスト制御理論(修士課程)
先端非線形制御論(博士課程)
教官総覧(研究概要).pdf(pdf)