千葉大学 大学院工学研究科・工学部


i_34.jpg
小林 範久
コバヤシ ノリヒサ
Norihisa Kobayashi
情報画像基盤工学講座
電子光情報マテリアル工学教育研究分野(自然科学専任)
教授
情報科学専攻
画像マテリアルコース
画像科学科
043-290-3458
koban@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://photo-m.tp.chiba-u.jp/i-poly/
早稲田大学理工学部応用化学科1983,早稲田大学大学院理工学研究科1985工学修士,早稲田大学1988工学博士
1987千葉大学工学部助手,1992-1993カリフォルニア工科大学客員研究員, 1995助教授,2004現職
日本化学会,高分子学会,電気化学会,ECS, 日本写真学会,日本画像学会
像形成機能材料,光電機能高分子材料
新規イメージング方式発現のための機能性材料開発,光反応を用いた光電機能ナノ高次組織体構築と素子化,導電性高分子のエネルギー/電子機器への展開
1) Structure of DNA- Ru(bpy)32+ Complex and Its Application to Orange Color Elecrtoluminescence Device, Elecrtochemistry, in press (2004). 2) Synthesis of Polyacetylenes Having Pendant Carbazole Groups and Their Photo- and Electroluminescence Properties, Macromolecules, 37, 2703 (2004). 3) Mechanism of Electro-Optical Effect in Poly(γ-[2-(9-Carbazolyl)ethyl]-L-Glutamate) Lyotropic Liquid Crystal, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 406, 381 (2003). 4) Polymer Electrolyte for Novel Electrochromic Display, Electrochim. Acta, 48, 2323 (2003). 5) Synthesis and Properties of Polyacetylenes Having Carbazole Pendant Groups, Macromolecules, 36, 2224 (2003). 6) An Organic Red-emitting Diode with a Water-Soluble DNA-Polyaniline Complex Containing Ru(bpy)32+, J. Mater. Chem., 11, 1766 (2001). 7) Template Photopolymerization of An Dimer by Photocatalytic Reaction of Ru(bpy)32+ in the presence of DNA,J. Mater. Chem., 11, 267 (2001). 8) Photo-polymerization of Aniline Dimer by Photoinduced Electron Transfer System for an Application to Image Formation, J. Mater. Chem., 11, 1585(2001). 9) Photoelectrochromism and Photohydrolysis of Sulfonated PAn Containing Ru(bpy)32+ Film for Negative and Positive Image Formation, J. Electroanal. Chem., 498, 216 (2001).
[新版高分子辞典],朝倉書店(1988)共著.,[高分子機能材料シリーズ5電子機能材料],共立出版(1992)共著.,[導電性材料の開発と応用],技術情報協会(2001)共著.,[デジタルペーパーの最新技術],CMC(2001)共著.,工学基礎教材CD-ROMポリマーサイエンス,監修,メディア教育開発センター(2001-2003)., [化学便覧」,丸善(2003)共著,他
研究概要テンプレートファイルA(小林範久).pdf(pdf)