千葉大学 大学院工学研究科・工学部


i_13.jpg
岸本 渡
キシモト ワタル
Wataru Kishimoto
認識情報処理分野
准教授
情報科学専攻
知能情報コース
情報画像学科
043-290-3266
wkishi@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://www.tj.chiba-u.jp/~wkishi/
東京工業大学工学部情報工学科1986東京工業大学大学院総合理工学研究科1988 工学修士,東京工業大学大学院理工学研究科 1993 博士(工学)
東京電力(株),玉川大学工学部助手,同講師,1999現職
情報処理学会,電子情報通信学会
暗号理論,グラフ理論
暗号理論において,暗号システムの理論的な安全性の検討,暗号システムに関連した理論的な限界の初等的な組合せ理論の手法を用いた解析等を行っている.その他にグラフ理論,特にフローネットワークに興味をもっており,フローネットワークの性質の理論的な解析についての研究も行っている.
・岸本 渡, 竹内 正士, 岸 源也: 無向フローネットワークの一構成法,電子情報通信学会論文誌, J75-A, 4, pp.778-795 (1992)
・岸本 渡, 竹内 正士: フローネットワークのmルートフロー,電子情報通信学会論文誌, J76-A, 8, pp.1185-1200 (1993)
・Wataru Kishimoto: A method for obtaining the maximum multiroute flows in a network, Networks, 27, pp.279-291 (1996)
・Wataru Kishimoto: Reliable flow with failures in a network, IEEE Trans. Reliability, 46, 3, pp.308-315 (1997)
・Wataru Kishimoto, Masashi Takeuchi: A method for obtaining the maximum δ-reliable flow in a network, IEICE Trans. Fundamentals, E81-A, 5, pp.776-783 (1998)
・Yvo Desmedt, Brian King, Wataru Kishimoto, Kaoru Kurosawa: A comment on the efficiency of secret sharing scheme over any finite abelian group, Lecture Notes in Comp. Sci. 1438, pp.391-402 (1998)
・Wataru Kishimoto, Koji OKADA, Kaoru Kurosawa, Wakaha OGATA: “On the Bound for Anonymous Secret Sharing Schemes”, Discrete Applied Mathematics, 121
, 1-3 , pp.193-202 (2002- 09).
・藤城圭介,岸本 渡: “効率的なカードを用いた情報理論的に安全な秘密鍵共有法”, 2004年電子情報通信学会総合大会, A-7-5 東京(2004-03).
・中川真以, 岸本 渡: “可換な関数を用いたSD法の改良方式”, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC2005-114(2005-12).
・Paolo D’Arco, Wataru Kishimoto, and Douglas R. Stinson: “Properties and constraints of cheating-immune secret sharing schemes”, Discrete Applied Mathematics, 154, Issue 2, pp.219-233, (2006).
・宮下光輔, 岸本 渡: “ℓ-BDHE問題を基にした2次元方向に階層構造を持つIDベース暗号方式”, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC2006-104, (2006-12).
・Kaoru Kurosawa, Wataru Kishimoto and Takeshi Koshiba: “How to Derive Lower Bound on Oblivious Transfer Reduction,” Cryptology ePrint Archive, Report 2007/065, 2007.
・Kaoru Kurosawa, Wataru Kishimoto, Takeshi Koshiba: “A Combinatorial Approach to Deriving Lower Bounds for Perfectly Secure Oblivious Transfer Reductions,” (correspondence) IEEE Transactions on Information Theory, 54,6, pp.2566- 2571 (2008-06)
・平野 敬之, 岸本 渡: “ハッシュ函数構成法のモデル化と安全性
解析”, 情報処理学会研究報告, CSEC, 2009 - CSEC - 44 (51) , pp.301-306 , 2009.
・三輪 恭大, 岸本 渡: “秘密分散法を用いた放送暗号の改良について”, 信学技報 (電子情報通信学会技術研究報告), ISEC2010– 56, (2010-11).
・山本 和幸, 岸本 渡: “情報理論的に安全なリング署名を用いた
鍵無効化可能な認証方式”, 2011 年暗号と情報セキュリティ・シ ンポジウム, 小倉,1C2-3, 2011-01.
・篠原 従道, 岸本 渡: “非対称鍵配送方式を用いた受信者間での
共通鍵生成”, 2011 年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム, 小倉, 1C2-4, 2011-01.
・Wataru Kishimoto: “A Method for Obtaining the Maximum (δ,η)-balanced Flow in a Network”, Network Optimization - 5th International Conference, INOC 2011, Hamburg, Ger- many, June 13-16, 2011, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 6701, Springer- Verlag, pp. 230-242, June 2011.
・谷藤 尚哉, 岸本 渡: “2 次元の階層構造を持つ ID ベース暗号を
利用した Secret Handshake の構成とその安全性の検討”, 2012 年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム, 金沢, 1A2-1, 2012-01.
・Database and Data Communication Network Systems Techniques and Applications, Gordon & Breach Publishers, (分担),(2002)
情報数学1,情報数学2,応用離散数学
080430souran_kishimoto.pdf(pdf)