千葉大学 大学院工学研究科・工学部


umeno2.jpg
梅野 太輔
ウメノ ダイスケ
Daisuke Umeno
生体材料化学講座
バイオマテリアル教育研究分野
准教授
共生応用化学専攻
共生応用化学コース
共生応用化学科
バイオマテリアル研究室
043-290-3413
043-290-3413
umeno@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://chem.tf.chiba-u.jp/gacb02/
九州大学工学部合成化学科1994,九州大学大学院工学研究科1996 工学修士,九州大学1998工学博士
カリフォルニア工科大学博士研究員、日本学術振興会海外特別研 究員、ワシントン大学医学部シニアフェロー,2005現職
アメリカ化学会
アメリカ微生物学会
分子生物学会
日本化学会
日本カロテノイ ド研究会
生命の起源および進化学会
高分子学会
細胞を創る研究会(発起人)
蛋白質工学,代謝工学,遺伝子変異工学、カロテノイドとテルペノイド
分子進化工学を用いた代謝経路/タンパク質工学
遺伝子変異工学
合成生物学ツールの開発
(1) Diversifying biosynthetic pathways by laboratory evolution, Microbiol. Mol. Biol. Rev., 69: 51-78 (2005). (2) 米国漂流記 〜Lost in the Pacific, 高分子, 53: 507 (2005). (3) Evolution to a pathway to novel, long-chain carotenoids, J. Bacteriol., 184: 1531-1536 (2004). (4) A method to protect a targeted amino acid residue during random mutagenesis, Nucleic Acids Res.,31: e91 (2003). (5) Creating C35-carotenoid pathways in Escherichia coli, Appl. Environ. Microbiol.69: 3573-3579 (2003). (6) Evolution of the C30 carotenoid synthase CrtM for function in a C40 pathway, J. Bacteriol., 184: 6690-6699 (2002). (7) Sequence-specific affinity precipitation of oligonucleotide using poly(N-isopropylacrylamide)- oligonucleotide conjugate, Biotech. Bioeng., 72: 261-268 (2001). (8) Cooperativity
生化学1
基礎化学A(建築)
生物学基礎実験
共生応用化学実験
umeno.pdf(pdf)