千葉大学 大学院工学研究科・工学部


c_17.jpg
上川 直文
ウエカワ ナオフミ
Naofumi Uekawa
無機・計測化学講座
教授
共生応用化学専攻
共生応用化学コース
共生応用化学科
セラミックス化学
043-290-3373
043-290-3401
uekawa@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://chem.tf.chiba-u.jp/~uekawa/indexT.html
千葉大学理学部化学科1991,千葉大学大学院理学研究科1993修士(理学),千葉大学大学院自然科学研究科1996博士(理学)
千葉大学工学部助手,2003現職
日本化学会,日本セラミックス協会,色材協会,米国Materials Research Society
無機材料化学,無機合成化学,表面物理化学,物性化学
表面および界面に着目した機能性セラミックスの設計および機能性セラミックスナノ粒子の応用展開を可能にする溶液プロセスを用いた超低環境負荷な新規合成法の開発を行っている。(1)有機高分子を溶媒として用いると同時に沈澱剤としても用いる新しい均一沈澱法による単分散セラミックス微粒子製造法の開発。(2)廃液などを出さない超低環境負荷なナノ粒子の高収率合成手法の開発(3)蛍光発光特性や電気伝導特性に着目したセラミックスナノ粒子の応用法の開発。(4)制御された一次粒子の凝集構造を有するセラミックス焼結体の開発
[1]'Formation of porous spherical aggregated structure of ZnO nanoparticles by low-temperature heating of Zn(OH)2 in diol solution', Mater. Lett., 1729-1734(2007).[2]Synthesis of titania particles by low-temperature hydrolysis reaction of titanium alkoxide and their surface properties', J. Ceram. Soc. Jpn., 115, 840-845 (2007).[3]Formation process of BaTiO3 particles by reaction between barium hydroxide aqueous solution and titania obtained by hydrolysis of titanium alkoxide.', J. Mater. Res., 22, 2631-2638 (2007)[4]'Synthesis and Characterization of Titania−Sugar Alcohol Complex Nanoparticles', J. Ceram. Soc. Jpn., 114, 807-813 (2006)
Visualセラミックス,日本セラミックス協会(2000),共著
無機化学II,環境適合無機材料
上川教員総覧WEB右ページ.pdf(pdf)