千葉大学 大学院工学研究科・工学部


kohri.jpg
桑折 道済
コオリ ミチナリ
Michinari Kohri
准教授
共生応用化学専攻
共生応用化学コース
共生応用化学科
生体模倣高分子研究室
kohri@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://chem.tf.chiba-u.jp/gacb03/
2002 東北大学工学部分子化学工学科
2004 東北大学大学院工学研究科 修士(工学)
2007 東北大学大学院工学研究科 博士(工学)
2005 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2007 東北大学多元物質科学研究所 助教(研究特任)
2008 千葉大学大学院工学研究科 助教
2012 リヨン第1大学(仏) 訪問研究員
2015 千葉大学大学院工学研究科 准教授
高分子学会、日本化学会、有機合成化学協会、フロンティア生命化学研究会、日本MRS学会
高分子化学、界面化学、糖鎖工学、酵素工学
[1]吸収のある黒色粒子を用いる構造色材料開発
[2]透明ポリドーパミン薄膜を基盤とする材料開発
[3]ランタノイド元素含有ポリマーの合成と応用
[4]酵素触媒重合による機能材料作製
【主な原著論文】
・*M. Kohri, Y. Nannichi, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Biomimetic non-iridescent structural color materials from polydopamine black particles that mimic melanin granules」
J. Mater. Chem. C, 2015, 3, 720-724.
[Selected as an Inside Back Cover]

・*M. Kohri, H. Kohma, K. Uradokoro, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Fabrication of colored particles covered by dye-bearing colorless polydopamine layer」
J. Colloid Sci. Biotechnol., in press.

・*M. Kohri, Y. Nannichi, H. Kohma, D. Abe, T. Kojima, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Size control of polydopamine nodules formed on polystyrene particles during dopamine polymerization with carboxylic acid-containing compounds for the fabrication of raspberry-like particles」
Colloids Surf. A: Physicochem. Eng. Aspects, 2014, 449, 114-120.

・*M. Kohri, A. Kobayashi, Y. Nannichi, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「A green approach for the synthesis of fluorescent polymer particles by combined use of enzymatic miniemulsion polymerization with clickable surfmer and click reaction」
Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2014, 39, 57-60.

・H. Kohma, K. Uradokoro, *M. Kohri, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Hierarchically structured coatings by colorless polydopamine thin layer and polymer brush layer」
Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2014, 39, 157-160.

・*M. Kohri, H. Kohma, Y. Shinoda, M. Yamauchi, S. Yagai, T. Kojima, T. Taniguchi, K. Kishikawa「A colorless functional polydopamine thin layer as a basis for polymer capsules」
Polym. Chem., 2013, 4, 2696-2702.
[Selected as a Back Cover, 2013's most accessed Polymer Chemistry articles]

・*M. Kohri, Y. Shinoda, H. Kohma, Y. Nannichi, M. Yamauchi, S. Yagai, T. Kojima, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Facile synthesis of free-standing polymer brush films based on a colorless polydopamine thin layer」
Macromol. Rapid Commun., 2013, 34, 1220-1224.
[Selected as a Front Cover, Most Accessed in 6, 8/2013]

・*M. Kohri, F. Abo, S. Miki, T. Fujii, M. Kasuya, T. Taniguchi「Effects of graft shell thickness and compositions on lectin recognition of glycoparticles」
J. Colloid Sci. Biotechnol., 2013, 2, 45-52.

・*M. Kohri, S. Uzawa, A. Kobayashi, H. Fukushima, T. Taniguchi, T. Nakahira「Enzymatic emulsifier-free emulsion polymerization to prepare polystyrene particles using horseradish peroxidase as catalyst」
Polym. J., 2013, 45, 345-358.

・*M. Kohri, A. Kobayashi, H. Fukushima, T. Kojima, T. Taniguchi, K. Saito, T. Nakahira「Enzymatic miniemulsion polymerization of styrene with a polymerizable surfactant」
 Polym. Chem., 2012, 3, 900-906.
・+H. Fukushima, +*M. Kohri, T. Kojima, T. Taniguchi, K. Saito, T. Nakahira (+equal contribution)「Surface-initiated enzymatic vinyl polymerization: synthesis of polymer-grafted silica particles using horseradish peroxidase as catalyst」
Polym. Chem., 2012, 3, 1123-1125.
[Selected as a Front Cover]

・*M. Kohri, A. Kobayashi, H. Fukushima, T. Taniguchi, T. Nakahira「Effect of surfactant type on enzymatic miniemulsion polymerization using horseradish peroxidase as a catalyst」
Chem. Lett., 2012, 41, 1131-1133.

・*M. Kohri, M. Sato, F. Abo, T. Inada, M. Kasuya, T. Taniguchi, and T. Nakahira 「Preparation and lectin binding specificity of polystyrene particles grafted with glycopolymers bearing S-linked carbohydrates」
Eur. Polym. J., 2011, 47, 2351-2360.

・*M. Kohri, T. Kimura, Y. Shinoda, T. Taniguchi, and T. Nakahira「Photochemical conversion of the o-nitrobenzyl-C-glucoside to a sugar lactone」
Carbohydr. Res., 2011, 346, 2965-2969.

・*M. Kohri, H. Fukushima, T. Taniguchi, and T. Nakahira「Synthesis of polyarbutin by oxidative polymerization using PEGylated hematin as a biomimetic catalyst」
Polym. J., 2010, 42, 952-955.
[Selected as a Featured Article]

【総説・解説等】
・桑折道済「メラニン顆粒を模倣したポリドーパミン黒色粒子を用いる単色構造色材料」
C & I Commun, 2015, 40, 20-21.

・M. Kohri「Development of HRP-mediated enzymatic polymerization under heterogeneous conditions for the preparation of functional particles」
Polym. J., 2014, 46, 373-380.
[Focus Review, Selected as a Featured Article, Most Downloaded in 7/2014]

・桑折道済,南日優里「カテコール系高分子を用いる材料表面改質と色材への応用」
J. Jpn. Soc. Colour Mater. (色材協会誌), 2014, 87, 279-283.

・桑折道済「重合場・界面を制御した機能材料作製」
高分子(特集 若きリーダー達II),2014, 1, 21-22.

・M. Kohri「Environmentally-friendly preparation of functional polymer particles by enzymatic polymerization」
高分子(Hot Topics),2014, 1, 9.

・桑折道済,南日優里,谷口竜王,岸川圭希「ポリドーパミン黒色粒子を用いる単色構造色材料の開発」
高分子(Scientific News),2014, 9, 660.

・桑折道済,南日優里,谷口竜王,岸川圭希「黒色粒子を用いた構造発色材料の開発:メタリックな質感からマットな質感まで」
第63回高分子年次大会記者発表(10件/1853件)

・桑折 道済「酵素を触媒とする低環境負荷型な高分子微粒子の作製ならびに微粒子表面の機能化」
高分子論文集(高分子科学・工学のニューウェーブ),2013, 70, 386-397.

・桑折道済,谷口竜王「ラテックス粒子の生化学的分野への応用」
日本接着学会誌,2013, 49, 164-170.

・桑折道済「重合性機能団の界面への集積・薄膜化による機能材料の作製」
化学と工業(飛翔する若手研究者), 2013, 66, 731-732.

・桑折道済,高麗寛人,南日優里,谷口竜王,「透明ポリドーパミン薄膜の開発:材料表面改質ならびに機能材料作製への展開」
Polyfile(特集 高分子材料2013年動向と2014年への期待), 2013, 12, 30-34.

・桑折道済,高麗寛人,篠田義弘,谷口竜王,岸川圭希「細胞膜の階層構造にならったデザインにより高分子カプセルの新規作製法を開発」
第62回高分子年次大会記者発表(10件/1987件)

・桑折道済「これが私のつくったモノ」
ネットワークポリマー(若手研究者の目), 合成樹脂工業協会, 2011, 32(3), 168.

・桑折道済, 福島悠佳, 小林綾華, 高麗寛人, 谷口竜王, 中平隆幸「酵素を触媒とする低環境負荷な高分子微粒子合成法を開発」
第20回ポリマー材料フォーラム記者発表

【新聞掲載】
・千葉大,PDA黒色粒子だけで構造色発現,合成法を発見・応用
化学工業日報2014.5.28

・千葉大,建材向け,光操るナノ粒子塗装材
日経産業新聞2014.6.13

・千葉大,高分子カプセル新製法を確立,下地用の透明薄膜を開発
化学工業日報 2013.5.27

・セラミックス・ビニルポリマー粒子 ワサビ酵素で簡単合成 千葉大
日刊工業新聞2012.4.12

・千葉大,ワサビ酵素でセラミックス・ビニルポリマー粒子を簡単合成
日刊工業新聞Business Line 2012.4.12

・起業期待の研究に助成 千葉大でなのはなコンペ
千葉日報2011.4.27

・高分子 ワサビ由来酵素で合成 千葉大が技術
日刊工業新聞2011.11.22

・千葉大,ワサビ由来酵素でポリスチレン微粒子を合成する技術開発
日刊工業新聞Business Line 2011.11.22

・千葉大,高収率で均一微粒子の酵素触媒重合法開発
化学工業日報2011.11.29

・ワサビ由来の酵素が触媒 高分子微粒子の新合成法開発 千葉大学
接着剤新聞2011.12.10

【主な招待講演】
・桑折道済「ポリドーパミンを基盤とするバイオミメティク材料の作製」
第12回大阪工業大学界面化学研究会(2015.11, 大阪)

・桑折道済「サブミクロンサイズの単分散な黒色粒子の精密合成と構造色材料への応用」
化学工学会第47回秋季大会(2015.9, 札幌)

・M. Kohri「Fabrication of functional polymeric materials based on polydopamine」
International Memorial Symposiums of Green MAP (2015.1, Yonezawa)

・桑折道済「黒色粒子を用いる単色構造色材料の開発と応用」
新規事業研究会(2014.9, 大岡山)

・桑折道済「機能性サーフマーを用いる酵素触媒重合による高分子微粒子の作製と表面多機能化」
第14回油脂優秀論文賞受賞講演会(2014.9, 札幌)

・桑折道済「重合性機能団の界面への集積・薄膜化による表面改質ならびに機能材料作製」
平成25年東北地区先端高分子セミナー(2014.3, 仙台)

・M. Kohri「A green approach for the synthesis of fluorescent polymer particles by combined use of enzymatic miniemulsion polymerization with clickable surfmer and click reaction」
第23回日本MRS年次大会(2013.12, 横浜)

・桑折道済「酵素を触媒とする高分子微粒子の合成ならびに表面改質」
日本化学会第93春季年会(2013.3, 滋賀)

・桑折道済「ポリドーパミンを用いるカプセル材料作製と微粒子表面形状制御」
花王株式会社講演会(2012.12, 東京)

・桑折道済「機能性高分子微粒子・カプセル材料の作製」
第20回機能高分子化学セミナー(2012.11, 仙台)

【受賞等】
・2015.12. OSTEC賞(第4回ネイチャーインダストリーアワード)

・2015.12. 学長賞(優秀賞)(千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2015)

・2015.12. 優秀発表賞(第24回ポリマー材料フォーラム)

・2015.12. 有機合成化学協会三井化学研究企画賞

・2015.9. マツダ研究助成奨励賞

・2014.11. 学長賞(優秀賞)(千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2014)

・2013.5. 高分子研究奨励賞 (高分子学会)

・2013.3. 若い世代の特別講演賞 (日本化学会)

・2012.3. 優秀講演賞(学術) (日本化学会第92春季年会)

・2011.4. なのはな賞 (千葉大学VBL)
・桑折道済, 谷口竜王「細胞膜の階層構造を模倣した高分子微粒子の設計とその応用」
生体模倣技術と新材料・新製品開発への応用, 技術情報協会, 381-389.

・M. Kohri, T. Taniguchi, and K. Kishikawa「Glycopolymer-grafted polymer particles for lectin recognition」
Macro-Glycoligands-Methods and Protocols (X. Long ed.), Springer, 2015, 137-147(Chapter11)
基礎化学B、共生応用化学実験(高分子実験)、分析化学実験、分子化学デザイン
研究概要(桑折).pdf(pdf)