千葉大学 大学院工学研究科・工学部


photo toyo.JPG
山田 豊和
ヤマダ トヨカズ
Toyokazu Yamada
准教授
ナノサイエンス専攻
ナノ物性コース
ナノサイエンス学科
toyoyamada@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://adv.chiba-u.jp/nano/yamada-upload/index.html
1998 学習院大学理学部物理学科 卒業 
2000 学習院大学大学院自然科学研究科物理学専攻博士前期課程 修了 
2003 学習院大学大学院自然科学研究科物理学専攻博士後期課程 単位取得退学[2004 博士(理学)]
2004 Radboud University Nijmegen(オランダ)単位取得退学[2005 Ph.D.]
2001年 オランダ・ラドボウド大学ナイメーヘン FOM Junior Researcher
2004年 学習院大学理学部 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2004年 学習院大学理学部 助教 
2008年 ドイツ・カールスルーエ工科大学  フンボルト財団リサーチフェロー
2010年 千葉大学大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻 特任准教授(テニュアトラック)
2015年 千葉大学大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻 准教授(テニュア取得)
2015年 分子科学研究所 客員准教授
日本学術振興会 人材育成企画委員 (2013-)
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 (2014.12.1-2015.11.30)
Members of the International Advisory Board of Spin-Polarized Scanning Tunneling Microscopy international committee (2006-)
Conference Chair, 6th Spin-Polarized Scanning Tunneling Microscopy (SP-STM6) conference (2014-2016)
Registration Chair, International Conference of Molecular Archtechtonics, 3-6/8/2015, Shiretoko (2014-2015)
応用物理学会  薄膜表面物理分科会: 常任庶務幹事 (2011-2012)
応用物理学会  薄膜表面物理分科会: 幹事 (2011-)
応用物理学会  応用物理学会・中分類6.6プローブ顕微鏡セッション,プログラム委員(2013秋-)
日本物理学会 領域9・運営委員 (2012.10-2013.9)
日本磁気学会 総務委員 (2011.4-)
日本磁気学会 選挙管理委員会委員 (2015.1.16-2016.1.31)
日本磁気学会 企画委員(2006-2007)
日本磁気学会 講演大会事務局長(2007)
日本表面科学会
日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会・「強力永久磁石の開発と磁区観察先端技術」の知識や技術の伝承に関する委員会・観察分科会 委員 (2011-2013)
応用物理学会(薄膜・表面物理分科会)主催ACSIN-12(ICSPM-21と共催) プログラム委員(2012-2013)
東京大学 物性研究所 嘱託研究員 (2012.10-2013.3)
文部科学省科学技術動向研究センター「科学技術専門家ネットワーク」専門調査員(2012-2014年度)
JJAP STAPナノエレクトロニクス編集委員 (2012.8-2013.12)
表面物理、磁性、走査プローブ顕微鏡
表面ナノ磁性
スピン偏極走査トンネル顕微鏡
超高真空、極低温
低次元物性(単一磁性原子・単一有機分子)
物質を構成する最小のユニットである原子・分子を直接観察できる走査トンネル顕微鏡(STM)を用いる。磁性STM探針を用いることで、原子分子の凹凸像だけでなく電子伝導測定や量子スピン状態を測定することができる。また、STM探針を用いて単一原子分子を走査し、人工的に磁性原子・有機分子構造体を作成できる。この原子分子構造体の物性を解明し、将来的な省電力・超高密度・高機能デバイス開発の発展につなげたい。
Selected Publications

[1]. T. K. Yamada and A. L. Vazquez de Parga, “Room temperature spin-polarizations of Mn-based antiferromagnetic nanoelectrodes” Appl. Phys. Lett. 105, 183109 (2014).

[2]. Y. Yamagishi, S. Nakashima, K. Oiso and T. K. Yamada, “Recovery of nanomolecular electronic states from tunneling spectroscopy: LDOS of low-dimensional phthalocyanine molecular structures on Cu(111),” Nanotechnology 24, 395704 (2013).

[3]. A. Bagrets, S. Schmaus, A. Jaafar, D. Kramczynski, T.K. Yamada, M. Alouani, W. Wulfhekel, and F. Evers, " Single molecule magnetoresistance with combined antiferromagnetic and ferromagnetic electrodes," Nano Letters 12, 5131 (2012).

[4]. T. Miyamachi, M. Gruber, V. Davesne, M. Bowen, S. Boukari, F. Scheurer, G. Rogez, T.K. Yamada, P. Phresser, E. Beaurepaire, and W. Wulfhekel, “Robust spin crossover and memristance across a single molecule” Nature Communications 3, 938 (2012).

[5]. S. Schmaus, A. Bagrets, Y. Nahas, T.K. Yamada, A. Bork, F. Evers, and W. Wulfhekel, “Giant magnetoresistance through a single molecule”, Nature Nanotechnology 6, 185 (2011).

[6]. L. Gerhard, T.K. Yamada, T. Balashov, A.F. Takacs, M. Daena, S. Ostanin, A. Ernst, I. Mertig, and W. Wulfhekel, “Magneto-electric coupling at metal surfaces”, Nature Nanotechnology 5, 792 (2010).
[1]マイクロビームアナリシス・ハンドブック(第2.3.2章スピン偏極走査トンネル顕微鏡)、オーム社、東京、pp.203-206, 2014年.

[2]強力永久磁石の開発と磁区観察先端技術(第1章スピン偏極STM開発技術)、日本学術振興会産学協力研究委員会特別事業、日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会編纂、東京、pp.1-32, 2014年.

[3]Electronic processes in organic electronics – Bridging electronic states and device properties, Single molecular spintronics, Springer、Tokyo、Springer Series in Materialsa Science 209, DOI 10.1007/978-4-431-55206-2, Chap.18, pp.403-416, 2015年.

[4] “磁気イメージングハンドブック(Handbook of Magnetic Imaging, 日本磁気学会編)”、共立出版、東京、2010年9月15日、ISBN 978-4-320-03468-6.

[5]Study of spin-polarized scanning tunneling microscopy/spectroscopy on ultra-thin magnetic films and multilayers: sub-nanometer scale magnetism”, T.K. Yamada, Radboud University Nijmegen, ISBN90-9019035-X, pp.1-193, 2005年.
[1] 物理学BⅡ力学入門2(後期、金曜日1時限目)
[2] 物理学演習BⅡ力学演習2(後期、隔週、水曜日2時限目)
[3] ナノ物性科学実験Ⅰ(前期、火曜日3−5時限目、3回担当)
[4] ナノ物性科学実験Ⅱ(後期、火曜日3−5時限目、3回担当)
[5] 応用物理学実験Ⅰ(前期、木曜日3−5時限目、3回担当)
[6] ナノ・分子物性概論(前期、金曜日5時限目)
[7] ナノ計測科学(後期、水曜日3時限目)
[8] ナノ物性科学セミナーⅡ(通期、卒業研究ゼミ)
[9] ナノ・分子物性研究(通期、卒業研究)
[10] 特別演習Ⅰ(通期、大学院研究ゼミ)
[11] 特別研究Ⅰ(通期、大学院研究)
研究概要テンプレートファイルB山田豊和.pdf(pdf)