千葉大学 大学院工学研究科・工学部


DSC_4308.JPG
今泉 祥子
イマイズミ ショウコ
Shoko IMAIZUMI
准教授
情報科学専攻
画像マテリアルコース
画像科学科
工学部8号棟424室
043-290-3450
043-290-3490
imaizumi@
(@マーク以下にchiba-u.jpと入力してください。)
http://foto.tp.chiba-u.jp/index.html
東京都立大学工学部電気工学科 2002,東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻 2005 修士(工学),首都大学東京大学院システムデザイン研究科情報通信システム工学専修 2011 博士(工学)
2002-2003 特許庁 特許審査調査員(国際・新技術担当)
2003-2004 文部科学省 科学技術・学術政策局 文部科学事務官
2005-2011 新潟県工業技術総合研究所 研究員
2011-2016 千葉大学大学院融合科学研究科 助教
2016-現在 千葉大学大学院融合科学研究科 准教授
IEEE,電子情報通信学会,映像情報メディア学会,日本写真学会
メディアセキュリティ,画像符号化,ディジタル信号処理
[1] ディジタル画像に対する情報埋込み技術に関する研究
[2] マルチメディアコンテンツの暗号化技術に関する研究
[3] 画像符号化に関する研究
Kenta KURIHARA, Shoko IMAIZUMI, Sayaka SHIOTA and Hitoshi KIYA,
“An Encryption-then-Compression System for Lossless Image Compression Standards,”
IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E100-D, no.1 (in press).

Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, and Takahiko HORIUCHI,
“Hierarchical Scrambling Method for Palette-Based Image Using Bitwise Operation,”
Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.26, no.1, pp.1–9, June 2016.

Hiroyuki KOBAYASHI, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
“A Robust Identification Scheme for JPEG XR Images with Various Compression Ratios,”
LNCS, T. Bräunl, B. McCane, M. Rivera, and X. Yu (Eds.), Springer-Verlag, vol.9431, pp.38-50, February 2016.

Takeshi OGASAWARA, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
“Scalable Tamper Detection and Localization Scheme for JPEG2000 Codestreams,”
LNCS, Y. -S. Ho, J. Sang, Y. M. Ro, J. Kim, and F. Wu (Eds.), Springer-Verlag, vol.9315, pp.340-349, December 2015.

Kenta KURIHARA, Masanori KIKUCHI, Shoko IMAIZUMI, Sayaka SHIOTA and Hitoshi KIYA,
“An Encryption-then-Compression System for JPEG / Motion JPEG Standard,”
IEICE Trans. Fundamentals, vol.E98-A, no.11, pp.2238-2245, November 2015.

Anu ARYAL, Kazuma MOTEGI, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
“Improvement of Multibit Information Embedding Algorithm for Palette-Based Images,”
LNCS, J. Lopez and C. J. Mitchell (Eds.), Springer-Verlag, vol.9290, pp.511-523, August 2015.

Shoko IMAIZUMI and Kei OZAWA,
“Palette-Based Image Steganography for High-Capacity Embedding,”
Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.25, no.1, pp.7–11, June 2015.

Shoko IMAIZUMI and Kanichi TANIGUCHI,
“Hierarchical Image Authentication Based on Reversible Data Hiding,”
Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.24, no.1, pp.1–5, June 2014.
日本写真学会論文賞

Shoko IMAIZUMI and Kei OZAWA,
“Multibit Embedding Algorithm for Steganography of Palette-Based Images,”
LNCS, R. Klette, M. Rivera, S. Satoh (Eds.), Springer-Verlag, vol.8333, pp.99–110, January 2014.

今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
“低演算量鍵生成手法を用いたマルチメディアコンテンツの多重階層型アクセス制御方式,”
映像情報メディア学会学会誌, vol.66, no.2, pp.69–73, 2012年2月.

Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, Hitoshi KIYA, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
“A Key Derivation Scheme for Hierarchical Access Control to JPEG 2000 Coded Images,”
LNCS, Y. -S. Ho (Ed.), Springer-Verlag, vol.7088, pp.180–191, January 2012.

今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
“再帰型ハッシュ連鎖を用いた暗号鍵生成方式と多次元階層的アクセス制御への適用,”
映像情報メディア学会学会誌, vol.65, no.2, pp.193–202, 2011年2月.
丹羽高柳賞論文賞受賞

今泉 祥子, 阿部 淑人, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
“一方向性ハッシュ関数を用いたディジタル動画像の効果的アクセス制御方式,”
映像情報メディア学会学会誌, vol.64, no.11, pp.1621–1627, 2010年11月.

Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
“An efficient access control method for composite multimedia content,”
IEICE Electronics Express, vol.7, no.20, pp.1534–1538, October 2010.
研究概要B.pdf(pdf)