千葉大学 大学院工学研究科・工学部


natori.jpg
名取 賢二
ナトリ ケンジ
Kenji Natori
助教
人工システム科学専攻
電気電子系コース
電気電子工学科
パワーシステム教育研究分野
043-290-3338
043-290-3336
knatori@
(@マーク以下にchiba-u.jpと入力してください。)
http://ps.te.chiba-u.jp/
2004 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 卒業
2006 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻前期博士課程(修士課程) 修了
2008 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻後期博士課程 修了 博士(工学)
2007 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2008 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2009 青山学院大学理工学部電気電子工学科 助教
2012 現職
電気学会, IEEE, 自動車技術会, 日本ロボット学会
モーションコントロール, パワーエレクトロニクス
高効率/高性能制御システム設計, 次世代エネルギーネットワーク, エネルギーハーベスティング, むだ時間システム, ハプティクス
[1] 田中孔, 青沼智也, 名取賢二, 佐藤之彦:
“ピエゾ素子を用いた振動発電におけるエネルギー回収量増加のための整流方式の検討”,
電気学会論文誌D, Vol. 136, No. 5, pp. 346-354, May 2016
[2] 名取賢二, 吉川晃平, 小原秀嶺, 佐藤之彦:
“次世代直流電力ネットワークにおけるパワーフロー制御のための基本制御方式の検討”,
電気学会論文誌D, Vol. 136, No. 4, pp. 277-284, April 2016
[3] 植松直哉, 名取賢二, 内村裕:
“通信外乱オブザーバにおけるモデル誤差を補償した時間遅れシステムの設計”,
電気学会論文誌D, Vol. 135, No. 5, pp. 494-502, May 2015
[4] Kenji Natori, Toshiaki Tsuji, Kouhei Ohnishi, Ales Hace, and Karel Jezernik:
“Time-Delay Compensation by Communication Disturbance Observer for Bilateral Teleoperation Under Time-Varying Delay”,
IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol. 57, No. 3, pp. 1050-1062, March 2010
[5] 山口朗, 名取賢二, 大西公平:
“一定通信遅延下におけるマルチラテラル制御系の操作性”,
電気学会論文誌D, Vol. 129, No. 8, pp. 802-810, August 2009
[6] 須佐繁, 名取賢二, 大西公平:
“大きさの異なるマスタ・スレーブのバイラテラル制御”,
電気学会論文誌D, Vol. 129, No. 7, pp. 682-690, July 2009
[7] 矢代大祐, 名取賢二, 大西公平:
“変動通信遅延を伴うL2安定なバイラテラル制御系”,
電気学会論文誌D, Vol. 129, No. 7, pp. 674-681, July 2009
[8] 矢代大祐, 名取賢二, 大西公平:
“ネットワークを介したバイラテラル遠隔操作のための視触覚同期化手法”,
電気学会論文誌D, Vol. 129, No. 6, pp. 585-592, June 2009
[9] 名取賢二, 久保亮吾, 下野誠通, 大西公平, 三浦郁奈子, 古川博崇, 高畑実:
“バイラテラル遠隔操作システムにおける異次数の通信外乱オブザーバによる通信遅延補償”,
電気学会論文誌D, Vol. 129, No. 4, pp. 353-362, April 2009
[10] Kouhei Ohnishi, Tomoyuki Shimono, and Kenji Natori:
“Haptics for medical applications”,
Artificial Life and Robotics, Vol. 13, No. 2, pp. 383-389, March 2009
[11] Kenji Natori, Roberto Oboe, and Kouhei Ohnishi:
“Stability Analysis and Practical Design Procedure of Time Delayed Control Systems With Communication Disturbance Observer”,
IEEE Transactions on Industrial Informatics, Vol. 4, No. 3, pp. 185-197, August 2008
[12] 名取賢二, Roberto Oboe, 大西公平:
“通信外乱オブザーバを用いたむだ時間制御系のモデル誤差に対するロバスト性 -2重積分の制御対象とPD制御器を用いた構成例における検証- ”,
電気学会論文誌D, Vol. 128, No. 6, pp. 709-717, June 2008
[13] Kenji Natori and Kouhei Ohnishi:
“A Design Method of Communication Disturbance Observer for Time-Delay Compensation, Taking the Dynamic Property of Network Disturbance Into Account”,
IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol. 55, No. 5, pp. 2152-2168, May 2008
[14] Ryogo Kubo, Noriko Iiyama, Kenji Natori, Kouhei Ohnishi, and Hirotaka Furukawa:
“Performance Analysis of a Three-Channel Control Architecture for Bilateral Teleoperation with Time Delay”,
電気学会論文誌D, Vol. 127, No. 12, pp. 1224-1230, December 2007
[15] 飯山法子, 名取賢二, 大西公平:
“環境との接触を考慮した変動通信遅延下でのバイラテラル制御”,
電気学会論文誌D, Vol. 127, No. 10, pp. 1050-1056, October 2007
[16] 名取賢二, 西宏章, 大西公平:
“伝達遅延を考慮したシステム結合の一表現法”,
電気学会論文誌D, Vol. 127, No. 6, pp. 635-642, June 2007
[17] Toshiaki Tsuji, Kenji Natori, Hiroaki Nishi, and Kouhei Ohnishi:
“A Controller Design Method of Bilateral Control System”,
European Power Electronics and Drives Journal, Vol. 16, No. 2, pp. 22-28, May 2006
[18] 名取賢二, 辻俊明, 矢向高弘, 大西公平:
“ネットワークを介したバイラテラル遠隔操作”,
電気学会論文誌D, Vol. 126, No. 2, pp. 161-167, February 2006
電気電子工学セミナー
偏微分方程式演習
電気電子工学実験II
電気電子工学実験III
研究概要テンプレートファイルB.pdf(pdf)