HOME  >  工学部  >  機械工学科

機械工学科(Mechanical Engineering)・・・身のまわりから最先端まで

学科概要

イメージ

イメージ

イメージ

全ての工業製品は機械工学によって製作されています。身の回りの日常製品から遠い宇宙空間の製品まで,大型機械から原子サイズの構造物まで,輸送機械,情報機器,医療機械など全てが機械工学による製品です。物理・化学・生物学的な現象を工学に応用し,新しい学問分野を開拓することも機械工学の重要な使命です。工学の最先端を担っているのは機械工学なのです。

機械工学科は大きく4つの領域に分けられます。材料・強度・変形教育研究領域,加工・要素教育研究領域,システム・制御・生体工学教育研究領域,環境・熱流体エネルギー教育研究領域です。材料・強度・変形教育研究領域では,機械に使用する新しい材料の創製・開発や材料特性を評価するための教育と研究を行っています。材料を機械に使用するためには,製品形状に加工しなければなりません。加工・要素教育研究領域では,新しい加工技術の開発研究や,機械を構成するいわゆる機械要素に関する教育と研究を行っています。システム・制御・生体工学教育研究領域では,ロボットや車両,飛行体,福祉支援機器などの機械システムの知能化・自律化を実現することや,生物の最適運動や生命・生体機能におけるメカニズムの工学的応用を目的とする教育と研究を行っています。環境・熱流体エネルギー教育研究領域では,エネルギーの供給・利用・変換に関わる熱・流体工学の教育と研究を行っています。

このように,機械工学は広い領域を網羅しています。受験生の皆さんが取り組みたい学問領域は必ず,機械工学科で取り扱う教育研究領域に含まれるはずです。

本学科はプロの技術者,研究者を育成することを目的としています。そのためには,数学,物理学などの基礎科目を十分に修得したうえで専門科目を学ぶことになります。そこで,基礎的な科目は1,2年次で集中的に学ぶように配慮し,2年次から徐々に専門科目を勉強します。4年次になると各研究室に配属されて前述のいずれかの教育研究領域において,これまでの学習の集大成として卒業研究を行います。

本学科の卒業生は,機械技術者として様々な企業や組織の第一線で活躍しています。近年,本学科卒業生の過半数は,高度な知識と自ら問題解決する能力を養うために,本学あるいは他大学の大学院(博士前期課程)に進学します。さらに最先端な研究を行う教員のもとで,より一層学究を極めるために,博士後期課程に進学する道も用意されています。

教員・在学生にインタビュー!

どんな学生を求めていますか?

機械工学科
学科長  小林謙一 教授

 私達の身の回りにある製品から遠い宇宙空間の製品まで、機械工学は科学技術の進歩とともに多岐にわたって重要な役割を果たしています。今日の機械工学は物理・化学・生物学・医学的な現象をも包括した新しい学問分野を開拓することも重要な使命になっています。機械工学科で材料力学、機械力学、流体力学、熱力学、材料物性、加工、機械要素、制御、そして設計製図などの基礎学問を深く学び、より高い技術を目指す好奇心と意欲をもつ創造性豊かな学生を求めています。

機械工学科 学科長  小林謙一 教授

機械工学科ではどのようなことを学ぶのですか?

機械工学科
4年女子

 機械工学科と言って、まずモノづくりを想像される方も多いと思います。もちろん、機械工学実習や機械設計製図といった授業があり、自分の手でモノづくりを体感できる機会も多くあります。しかしながら機械工学というのはとても幅の広い学問で、研究に関して言えば、機械でモノを加工する研究から、プログラミングをしてロボットを制御する研究、はたまた生体内の流れを研究する学問まで、同じ機械工学科といえどもその研究は多岐に渡ります。このように機械工学科では様々な側面から学問に取り組むことが出来ます。

進路状況(2015年度卒業生)

機械工学科の進学・就職データです。

進路状況

取得可能免許・資格

機械工学科で取得できる免許・資格一覧です。

教員免許

  • 高校1種(工業)
ページ上部へ