HOME  >  工学部  >  メディカルシステム工学科

メディカルシステム工学科(Medical System Engineering)・・・健康・医療・福祉に寄与するエンジニア

学科概要

イメージ

過去に経験のない超高齢社会を迎えた我が国では,医療に関する広範な知識・実践力を有する工学技術者と科学技術に精通した医師・看護師・薬剤師・医療従事者との協働に基づき,新しい医療の展開・発展を図ることが,いま,広く社会から求められています。メディカルシステム工学科には,この社会的要請に応え「メディカル情報工学講座」と「メディカル機器工学講座」の2つの講座があります。

イメージ

脳波データからの活動源推定

脳波データからの活動源推定

メディカル情報工学講座

「メディカル情報工学講座」では,主に情報工学,画像工学を基盤にした医用画像工学や医療情報処理について,理論的及び実験的手法により教育・研究を行います。また,生体の情報をⅩ線,超音波,光などの波動を用いて計測する技術,装置の開発,得られた信号・画像の処理法の研究,波動現象の解明など情報画像理論を用いた新しい技術の創生を行います。


メディカル機器工学講座

「メディカル機器工学講座」では,主に電子・機械工学を基盤として,例えば,診断の精度向上につながるゲノム科学,ナノテクノロジーなどによる技術開発,負担の少ないマイクロマシンによる低侵襲手術システムの開発,知的車いすなどの介護支援機器など,より一層正確かつ効果的・効率的な治療を行うための新技術の創生を行います。


他学科,他学部との連携と少人数教育

医療技術には,学際性・総合性が求められています。そのため,本学科の教育プログラムは,工学部の他学科はもとより,フロンティアメディカル工学研究開発センター,医学部・看護学部・薬学部・理学部・教育学部・文学部・園芸学部などの教育研究組織と連携し,幅広い視野に立つ医療工学技術者の育成を目指します。また,学生一人一人の希望を叶える学習プログラムの編制が可能な教育システムが布かれています。

卒業後は,医療関連をはじめとする各種機器メーカー,研究機関,医療施設,自治体など,いずれも要請の強い医療・福祉領域への就職とともに,大学院(博士前期課程,博士後期課程)への進学の道が開かれています。

教員・在学生にインタビュー!

学科の特徴を説明してください

メディカルシステム工学科
学科長  山口 匡 教授

 健康は人間が活動をする上で、最も基礎になるものです。当学科は、健康の回復・維持・発展に対し、工学的見地から世界で貢献できる人材の育成を目指しています。そのため工学系と医学系教員が一体となり、基礎工学から臨床医学にわたる幅広い学問を、座学のみならず現場実習により習得する体制を構築すべく努力しています。

メディカルシステム工学科 学科長  山口 匡 教授

この学科の魅力は何ですか?

メディカルシステム工学科
4年

 医療システム開発に必要な、機械・情報・電気の幅広い工学分野を学ぶことができます。さらに病院見学や、CT・MRI・超音波診断装置など本物の診断装置を使った演習、動物実験など、医療の現場に近い環境で医学的な知識の習得も行えます。実際に病院で働いている医師の先生方が学科に所属されているのも大きな魅力です。

進路状況(2015年度卒業生)

メディカルシステム工学科の進学・就職データです。

進路状況

取得可能免許・資格

メディカルシステム工学科で取得できる免許・資格一覧です。

教員免許

  • 高校1種(工業)
ページ上部へ