HOME  >  工学部  >  ナノサイエンス学科

ナノサイエンス学科(Nanoscience)・・・Principle and practice are the same in principle, but not in practice.

学科概要

イメージ

イメージ

イメージ

「原子を自由に操る」― 物の性質を,その根源から組み上げて意のままに創り出す。近年のナノテクの発展により,これまで不可能であったことが,今まさに実現しようとしています。原理に基づき,現実世界を構築する,大きな可能性を秘めたこの手法は,極微小素子や超高効率素子の開発にとどまらず,単一の分子で働く分子デバイスの開発や,DNAなどの生体分子機能を電子レベルで解明し,利用する研究など,新しい領域を切り拓いています。そこでは,原子・分子レベル(ナノメートルサイズ)で構造を制御し,人工的に構築するための,高度な物理的・物理化学的手法や物性科学・デバイス工学の基礎が不可欠であるばかりでなく,その枠組みを超える学問領域が必要となってきます。このような背景から,新しい学科「ナノサイエンス学科」が誕生しました。

本学科では,ナノスケールでの電子機能,光機能,表面・界面機能を第一線で研究するナノ物性工学分野の教員が,教育を担当します。さらに,幅広い視野と学問領域の融合を図るために,電気電子工学系,理学(物理・化学)系と密接に連携し,ナノサイエンスに関連するエレクトロニクス,エネルギー,バイオ素子領域への展開を目指しています。

私たちは,ナノサイエンス分野に羽ばたく挑戦者を育てたいと考えています。少人数教育を基本に,教員との密接なコミュニケーションと世界レベルの研究を体験し,専門性,広い視野,柔軟な価値観,国際的活動力をもつ力強い研究者・技術者の育成を目指します。また,入試(後期日程)では,探究心や粘り強さを重視した評価を取り入れるなど,新しい取り組みも行います。

カリキュラムは,専門教育に入る前に,基礎となる教育を行います。1年次では,数学・物理・化学などの工学基礎,2年次では,統計力学,量子力学,応用物理学などの専門基礎を重点的に学び,専門教育への基礎学力と展望が得られるように配慮しています。3年次からは,工学的視点から,ナノメートルサイズで現れる様々な現象の物性物理・物性化学・デバイス物性,分子スケールでの表面・界面の電子・光物性を学び,専門学力を身につけます。4年次では,先端科学研究の体験を通して応用力を強化します。

卒業後は,さらに高度な能力を養うために,大学院へ進学できます。就職先は,ナノテク分野が関連する電機・通信・情報産業,精密機械産業,化学・印刷産業,有機・バイオ関連分野など多様な方面が可能です。

教員・在学生にインタビュー!

どのような学科ですか?

ナノサイエンス学科
学科長  石井 久夫 教授

 ナノメートルの世界では、原子や分子を操ることで新しい性質や機能を示す物質を作り出すことができます。そこには、「なぜ?を問う科学」と、「産業に役立つ工学」の、両方の面白さが溢れています。私たちは、学生のみなさんが科学・技術の分野で国際的に活躍できるように、学問の垣根に縛られず様々な分野にチャレンジできるように、少人数教育を通して後押ししています。

ナノサイエンス学科 学科長  石井 久夫 教授

どのようなことをしていますか?

ナノサイエンス学科
4年

 ナノサイエンス学科ではナノの世界で展開される現象を理解するための基礎学問を3年生までに学び、4年生から実際に研究室に配属されて世界最先端の研究を遂行します。この4月で配属となった私は、これまで報告されてない世界で初となる新奇現象の発見とその原理究明に心を躍らせています。

進路状況(2014年度卒業生)

ナノサイエンス学科の進学・就職データです。

進路状況

取得可能免許・資格

ナノサイエンス学科で取得できる免許・資格一覧です。

教員免許

  • 中学1種(理科)
  • 高校1種(理科)

理数大好き学生の発掘・応援プロジェクト

ナノサイエンス学科は「理数大好き学生」を応援します!

高校・大学とことん研究 ~課題研究で大学へ~

プロジェクト研究の授業風景

プロジェクト研究の授業風景

千葉大学では,文部科学省からの支援を受けて,「理数大好き学生の発掘・応援プロジェクト」事業を進めています。このプロジェクトは,新しい入試方式により理数大好きな高校生を発掘し,更に高校から大学まで継続して研究に取り組める体制を整えることにより,千葉大学から科学技術を支え発展させる人材を輩出することを目指しています。つまり,高校でも「とことん研究」,大学でも「とことん研究」ができるプロジェクトです。
ナノサイエンス学科は,このプロジェクトに参画しています。

新しい入試

入試では,SSH(Super Science High School) 活動やクラブ活動、あるいは個人で行った研究活動が,面接試験のかたちで評価されます。面接の際に,自分の行ってきた研究活動について発表していただきます。面接試験は11 月に行い,面接合格者を発表します。最終的に大学入試センター試験で基準点を超えた面接合格者を合格者とします。なお、著名な国際科学コンクールの日本代表またはそれに準ずる成績をおさめた受験生については、大学入試センター試験を免除します。また、通常の推薦入試とは違い,高校3 年生だけでなく,1 浪の方も応募できます。

(注)“著名な国際科学コンクールの日本代表またはそれに準ずる成績をおさめた者”に関する具体例としては下記のような賞があります。

国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)の日本代表を決める際の選出対象となる下記の賞

  1. 日本学生科学賞 入賞者(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、環境大臣賞、科学技術政策担当大臣賞、全日本科学教育振興委員会賞、読売新聞社賞、科学技術振興機構賞、日本科学未来館賞、旭化成賞、読売工学院賞)など
  2. 高校生科学技術チャレンジ グランドアワード3賞(文部科学大臣賞、科学技術政策担当大臣賞、科学技術振興機構賞)、特別協賛社賞(富士通賞)、協賛社賞(アジレント・テクノロジー賞、花王賞、JFEスチール賞)、主催者賞(朝日新聞社賞)など

特別カリキュラム

この入試で入学した「理数大好き学生」には,通常の授業に加えて,「先端科学探求コース」と呼ばれる特別カリキュラムが実施されます。このコースでは,以下のような自由課題研究を中心にした「プロジェクト研究Ⅰ」、「プロジェクト研究Ⅱ」、および「先端科学特別研究」の3科目が開講されています。これら3科目をすべて履修すると、卒業後の成績証明書に「先端科学探究コース修了」と記載されます。

  • 物理実験に必要な基礎技術の習得:ノギス,マイクロメータ,秤の使い方,テスタを使った電圧,電流の測定,オシロスコープの使い方,コンピュータによるデータ整理,機械工作(旋盤,ボール盤,フライス盤),電子工作(電源,発振回路)
  • 化学に関する基礎実験:導電性高分子の合成,振動反応
  • 自由課題研究:学生からの自主的なテーマ提案による課題研究
    (事前打ち合わせ,中間報告会,最終報告会,レポート作成)
  • 研究機関見学:他大学や研究所等の研究機関見学ツアー(旅費の補助があります)

自習室

「理数大好き学生」には,学習・研究のための自習室が用意されていて,1 年次生から利用できます。自習室にはパソコンと実験機器が準備されていて,通常の授業の予習,復習はもちろんのこと,各自の自由課題研究を進めることもできます。また,自習室の近くにはナノサイエンス学科の先生の研究室があるので,いろいろなことを相談しやすい環境になっています。

ページ上部へ