HOME  >  工学部  >  共生応用化学科

共生応用化学科(Applied Chemistry and Biotechnology)・・・バイオと環境をキーワードとする新しい応用化学

学科概要

手賀沼での湖水サンプリングと水質測定

手賀沼での湖水サンプリングと水質測定

21世紀の「化学」は単に科学技術を発達させるだけでなく,環境を保全しつつ地球資源を有効に活用して人類の真の福祉に貢献することが求められています。そのためには,環境に調和する化学プロセスの開発や,環境に適合した新物質の創製が不可欠です。これには,種々の外部刺激(情報)を捕捉・応答する機能を生体から抽出し,化学的に実用化して,これらを代替あるいは超越する物質やプロセスを開発することで,人類が環境に調和し,他の生物と共生していくことを目指していくという「新しい応用化学」が必要です。このような観点に立脚し,本学科は新しい化学及び化学プロセスの開発を担う人材の養成を目的にしています。

有機化合物をデータベースから検索

有機化合物をデータベースから検索

白金原子の表面を観察

白金原子の表面を観察

学習コースの特徴

1年半の共通基礎教育の後に,生体の機能を代替あるいは模倣する人工材料の設計と構築に関する教育を行う「生体関連コース」,新しい機能や高度な性能を持つ物質や材料を多角的な視野から開発することなどを学ぶ「応用化学コース」,環境にやさしいプロセスで環境にやさしい物質を作り出す人材の養成を目指す「環境調和コース」の3コースに分かれます。いずれのコースでも多様な授業科目を履修でき,個性と自主性を重視したカリキュラムとなっています。


研究分野への配属・卒業研究

3年次後半から配属される教育研究分野には,「バイオ機能化学領域」にバイオプロセス化学,バイオマテリアル,生体模倣高分子,環境調和高分子材料,「環境調和分子化学領域」に有機ナノ材料,精密有機化学,環境調和有機合成,エネルギー変換材料化学,「無機・計測化学領域」にセラミックス化学,極限環境材料化学,計測化学,廃棄物管理施設,「資源プロセス化学領域」に触媒化学,表面電気化学,資源反応工学の計15分野があります。セミナーや卒業研究を通じて先端的な研究を行い,基礎と専門の学力及び広い視野を身につけます。


卒業後の進路

化学,材料,電子,機械,情報,医薬,エネルギーなど,幅広い産業界での活躍が期待されています。また,さらに高度な教育・研究を行う大学院(博士前期課程,博士後期課程)が用意されています。

教員・在学生にインタビュー!

どんな学生を求めていますか?

共生応用化学科
学科長  藤浪 真紀 教授

私たちは,将来どの分野・どんな局面においても活躍できる人材を育成したいと考えています。そのため,下記のような力を伸ばせるよう教育を進めていきます。
・学習した断片的な知識をつなぎ合わせて,現象を論理的に説明できる。
・課題から問題点を認識し,その解決策を提案できる。
・「化学」が楽しくて,熱中できる。

共生応用化学科 学科長  藤浪 真紀 教授

受験生へのメッセージ

共生応用化学科
4年女子

3年生までは学生実験,4年生では卒業研究と,実験が多いのですが,卒業研究では最先端の化学に触れることができ,驚きと感動の毎日です。ただ,勉強ばかりではなく,実験班の仲間と飲みに行ったり,研究室対抗のスポーツ大会を楽しんだりもしています。受験勉強を乗り越え,充実した大学生活を送って下さい。

進路状況(2012年度卒業生)

共生応用化学科の進学・就職データです。

進路状況

取得可能免許・資格

共生応用化学科で取得できる免許・資格一覧です。

教員免許

  • 高校1種(理科,工業)

資格等

  • 危険物取扱者(甲種)受験資格(2年次から)
  • 毒物劇物取扱責任者資格
ページ上部へ