HOME  >  工学部  >  情報画像学科

情報画像学科(Informatics and Imaging Systems)・・・情報と画像をコアに未来を拓く

学科概要

イメージ

イメージ

照明による色変化
照明による色変化

照明による色変化

グリーンICT,クラウドコンピューティング,拡張現実感などの言葉が次々と生み出されるように,「情報」が現在の私たちの社会の基盤となっています。私たちの周りには,自然環境からの情報,人間が発信する情報,生体からの情報など,様々な情報が流れています。そこでは,情報を数理的に把握する基礎的領域のみならず,それらに整合した知的画像情報処理技術や,それを支えるハードウェア・ソフトウエア技術,通信技術,さらには現代社会で大きな課題となっているセキュリティ技術や信頼性技術はもちろんのこと,リアルタイム処理,携帯性などを実現する組込みシステム技術,電子回路技術の把握など,幅広い領域が関係しています。

情報画像学科では「情報」と「画像」を核とした幅広い領域を体系的に学びます。授業科目は大きく分けて「情報と数理」「情報と物理」「情報と人間」の3本の柱で構成されています。第1の柱「情報と数理」はコンピュータに関する数学やアルゴリズムに関する科目,ハードウェア,ソフトウェアに関する科目,通信ネットワーク,分散システム,セキュリティに関する科目から構成されています。これらの科目によりコンピュータシステムの仕組みを学びます。第2の柱「情報と物理」はアナログ/ディジタル信号の処理に関する科目,光に関する科目,ディジタル画像処理に関する科目から構成されています。これらの科目により情報や画像の処理・伝送・出力の背景にある物理現象について学びます。第3の柱「情報と人間」は画像・色彩,音・音声に関する科目,人間の画像認識,知識情報処理,生体情報処理,ヒューマンインタフェースに関する科目から構成されています。これらの科目により,情報が人間に伝わる仕組み,情報を効果 的に伝える方法について学びます。

情報と画像を融合したこれらの授業科目を受けた人は,人に易しい情報社会を構築する担い手として,産業界の多方面から期待されています。本学科の卒業生は,情報や画像に関わる総合電機メーカ,通信事業者,コンピュータ系企業,ソフトウェア開発企業,映像メディア関連企業等における研究・開発に携わっています。さらに,大学院教育も充実しており,専門的な科目を学び,深い研究活動を行います。これにより,より深い専門知識を修得し,経験を積むことができ,社会のより重要な場面にて活躍することが期待されます。

教員・在学生にインタビュー!

どんな学生を求めていますか?

情報画像学科
学科長   関屋大雄 教授

 情報工学は、すべての科学技術の基盤であり、近年、我々の生活を急速かつ劇的に変えつつあります。本学科では、どのような時代にあっても必要不可欠な情報基盤技術と、情報と画像を融合した幅広い専門知識と応用力を学ぶことができます。新しい情報技術に強い関心をもち、貪欲に学び、考え、創造する学生を求めています。

情報画像学科 学科長  関屋大雄 教授

情報画像学科で何を学べますか?

情報画像学科
4年

 現代社会において情報技術は必要不可欠なものなっています.この学科ではプログラミングや情報理論などの基礎から,画像処理や音声認識などの応用的なことまで情報工学について広く深く学び,これからの社会の発展に大きく貢献するための能力を養うことができます.

進路状況(2015年度卒業生)

情報画像学科(情報画像工学科含む)の進学・就職データです。

進路状況

取得可能免許・資格

情報画像学科で取得できる免許・資格一覧です。

教員免許

  • 高校1種(情報,工業)
ページ上部へ