HOME  >  大学院工学研究科  >  大学院概要

大学院概要・・・学ぶ力を育み,創る力を鍛え,世界へ飛翔しよう

大学院工学研究科概要

大学院工学研究科教育理念

大学院工学研究科教育理念

近年,豊かな人間社会の構築をめざす実践の学問である工学は,その重要性をさらに増しています。すなわち,住環境設計,ロボット工学,IT技術,医用工学,生命工学など,技術革新が期待されている分野が多くあります。しかしながら,ただ単に科学技術の発展だけを目的とする時代は過去のものであります。現代の工学では,ひとに優しいこと,地球に優しいことが求められています。つまり,より高度な工学が求められています。本研究科では,この方向に従った教育研究を推進していきます。

社会の要求は,高度専門職業人の養成においても,狭い研究領域に限定するのではなく,幅広く高度な知識・能力が身に付く体系的な教育課程の提供です。また研究者養成では,単なる研究能力の育成ではなく,社会的責任を果たしうる人間性豊かな人材の育成が求められています。

これらの現代社会が要求する教育を提供するのが大学院工学研究科です。建築・都市科学専攻,デザイン科学専攻,人工システム科学専攻および共生応用化学専攻の4専攻構成とし,各専門教育課程はコース制としています。これらのコースは基幹工学領域と複合・先端工学領域の教育課程に区分されます。前者には建築,機械,デザイン,電気電子,化学などの教育課程が該当し,複合・先端領域としては,都市環境システムとメディカルシステムの課程が含まれます。この教育システムによって,社会から期待される高度専門職業人や研究者の育成を行っていきます。

大学院工学研究科は,大学院融合科学研究科のナノサイエンス,情報科学の両専攻と授業の相互履修推進等を通じて,深く連携し,先端的,学際的側面の重要性を大学院工学研究科の教育にも生かしていきます。

専攻およびコース一覧

大学院工学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

大学院工学研究科は,前期2 年及び後期3 年に区別される博士課程の独立研究科です。工学は,豊かな人間社会の構築をめざす実践の学問であり,住環境設計,ロボット工学,IT 技術,医用工学,生命化学などの分野では,技術革新を支えています。本研究科は,工学部の卒業生がより高度な工学教育研究を通して,高度専門職業人・技術者として,社会的責任を果たしうる人間性豊かな人材に育てるための教育課程を提供しています。
本研究科は,建築・都市科学専攻,デザイン科学専攻,人工システム科学専攻および共生応用化学専攻の4 専攻から構成され,各専門教育課程はコース制をとっています。本研究科は,大学院融合科学研究科のナノサイエンス,情報科学の両専攻と授業の相互履修を通じて,深く連携しており,学際的な重要性を大学院工学研究科の教育に生かしています。本研究科の前期課程の修了者には,修士(学術,工学)の学位を,後期課程の修了者には,博士(学術,工学)の学位が授与されます。

工学研究科     建築・都市科学専攻     建築学コース
       
            都市環境システムコース
           
      デザイン科学専攻     デザイン科学コース
       
      人工システム科学専攻     機械系コース
         
            電気電子系コース
           
            メディカルシステムコース
           
      共生応用化学専攻     共生応用化学コース
         

大学院融合科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

本研究科はナノサイエンス専攻と情報科学専攻からなる新しい研究科です。学部教育においては,理学,工学,園芸,文学,教育学部といった多様な学部に携わっている教員が集まり,さらに環境リモートセンシング研究センター等とも連携して教育研究にあたり,未来に向けて今,必要とされている新しい学問分野を創生することを目指しています。
ナノサイエンス専攻は,ナノスケールで応用性のある物質系のデザイン・創生・特性化を行う「ナノ物性コース」,重要な生命機能と構造をナノスケールの計測法あるいは研究手法によって教育研究する「ナノバイオロジーコース」といった密接に関係した二つのコースが連携し,充実した教育研究を行います。さらに,外国人研究者による特別講義を必修とし,国際的に活躍できる高度技術者,研究者の育成を目指します。
情報科学専攻は,現代社会においてあらゆる領域で主要な役割を果たしている情報科学の情報処理領域はもちろんのこと,本学の特徴である画像処理領域,行動科学領域,そしてイメージングマテリアル工学を基盤に,多領域の専門家による高度職能人や研究者を育成する総合的教育研究を,「画像マテリアルコース」と「知能情報コース」の二つのコースが連携して行います。
これら二つの専攻のスタッフはグローバルCOE プログラム「有機エレクトロニクス高度化スクール」,また大学院GPプログラム「ナノイメージング・エキスパートプログラム」に参加して実績をあげております。このことはナノサイエンスと情報科学という二つの学問分野の融合が新しい学問を創生していくことを予見させます。

融合科学研究科     ナノサイエンス専攻     ナノ物性コース
       
            ナノバイオロジーコース
           
      情報科学専攻     画像マテリアルコース
         
            知能情報コース
           

教授会等議事概要

教授会等議事概要はこちら

ページ上部へ