HOME  >  大学院工学研究科  >  研究科長挨拶

研究科長挨拶・・・学ぶ力を育み,創る力を鍛え,世界へ飛翔しよう

研究科長挨拶

千葉大学大学院 工学研究科  研究科長 関実

学ぶ力を育み,創る力を鍛え,世界へ飛翔しよう 千葉大学大学院 工学研究科 研究科長 北村 彰英

大学院工学研究科は建築・都市科学専攻,デザイン科学専攻,人工システム科学専攻,共生応用化学専攻の4専攻から構成され,各専門教育課程ではコース制をとっています。これらのコースは基幹工学領域と複合・先端工学領域に区分され,前者には建築,デザイン,機械,電気電子,共生応用化学が該当し,後者には都市環境システムとメディカルシステムが含まれます。各専攻は大学院融合科学研究科のナノサイエンス専攻,情報科学専攻と授業の相互履修を通じて深く連携し,先端的,学際的側面の重要性を学ぶ機会を持っています。

本研究科では,高度専門職業人の養成において狭い研究領域に限定せず,社会から要請される幅広い高度な知識や能力が身につく体系的な教育課程を用意しています。また,単なる専門知識の累積や研究能力の養成だけでなく,高度な倫理観に基づく社会的責任を果たしうる人間性豊かな人材の養成を行います。

博士前期課程(修士課程)では,学部からの6年一貫教育を念頭に,社会において技術開発のリーダーとなるべき高度専門職業人を養成するとともに,後期課程に進学する学生のために,研究者養成の基礎作りも行います。

博士後期課程(博士課程)では,大学や研究機関に従事する研究者だけでなく,企業における研究者や行政などで活躍できる研究者の養成を行います。

大学院工学研究科に入学した人には,ぜひ,幅広い目をもって,自ら学ぶ力とものをつくる力を身につけ,自分で見出した課題を自分で解決できるスケールの大きい人間になってほしいと思います。

研究科長挨拶
ページ上部へ