HOME  >  大学院工学研究科  >  建築・都市科学専攻

建築・都市科学専攻(Architecture and Urban Science)・・・安全,快適,魅力的で持続可能な建築及び都市環境を構想・計画・設計しうる高度専門家の養成

専攻概要

教育理念

人間の生活・文化・生産活動の基盤である個々の建築および都市を形成する様々な課題について,専門技術者および研究者を養成する専門基礎の教育を行うと共に,調査・実験・解析などの研究を通して,安全,快適,魅力的で持続可能な建築及び都市環境を構想・計画・設計しうる高度専門家の養成を行います。本専攻は,建築学コースと都市環境システムコースの2コースからなっています。建築学コースは,建築の設計・計画・環境・構造等のいわゆる建築学を専門領域としています。一方,都市環境システムコースは,都市空間の計画・インフラ・環境・エネルギー・情報等からなる都市総合工学を専門領域としています。

建築・都市科学専攻 コース案内

建築学コース

日本国内ばかりでなく国際的に活躍できる建築学の高度専門技術者および研究者を養成するために,建築および都市の歴史・デザイン・プランニング,建築の構造および防災,環境・設備,生産(構法)の各専門分野について時代の最先端を見据えた専門教育を行います。

構造実験Ⅱ(鉄筋組立の様子)

 

実験施設

 

コンペ講評会

 

教育プログラムの特徴

建築学コースの教育プログラムは,デザイン・プランニング分野,エンジニアリング分野,共通科目群から構成されています。これは学部教育の専門教育として掲げている施設デザインエンジニアリングプログラムと構造エンジニアリングプログラムに対応しています。特に大学院前期課程(修士)は,学部4年との連続性を密にし,6年一貫教育を目指すような科目構成となっています。またカリキュラムは大学院JABEEにも対応しています。後期課程(博士)建築学コースの科目は,専門研究者・技術者の養成を主たる目標としていますが,特論を中心に専門領域の修得に配慮しています。

博士前期課程においては,工学部デザイン工学科建築コースの教育との一貫教育として,総合的な学問および技術である建築学に関する幅広い視点を有し,総合的な技術・学問を実社会で応用できる高度専門技術者を養成するために,建築および都市の歴史・デザイン・プランニング,建築の構造および防災,環境・設備,生産(構法)などの建築学各分野における高度専門技術者の教育を行うと共に,博士後期課程は専門技術者および研究者の養成を行います。特に,デザイン・プランニングの分野では博士前期課程を修了した暁には国際的な建築士の受験資格を取得できる教育を行っています。

博士後期課程では,主として建築学の専門研究者・技術者を養成する教育を行うため,講義としては教員が自己の専門領域について,専門性の高い講義を特論として行い,原則として,隔年で開講されます。なお,博士後期課程の教育は,デザイン・プランニング分野とエンジニアリング分野に分けて行なわれますが,指導教員個人あるいはグループによる研究指導が中心になります。研究を進める上での必要に応じて,学生は博士前期課程の講義を履修します。

社会的ニーズ

博士前期課程建築学コースを修了した者の多くは,建築にたずさわる高度専門技術者として,総合工事業者(ゼネコン),設計事務所,官庁・公共団体,コンサルタント,住宅メーカー,建材メーカーなどで,建築計画,建築設計,およびデザイン関連職,建築構造設計,建築設備設計,あるいは施工管理の職に従事しています。修了者の大半が一級建築士の資格を取得するのが建築学コースの特徴であり,さらに各自の専門性に応じて,コンクリート技師,一級施工管理技士,インテリアプランナーなどの建築関連資格を取得する者もいます。

博士後期課程建築学コースを修了した者は,先端研究者ならびに先導的技術者として建築の各専門分野で指導的な役割を果たしています。

都市環境システムコース

都市環境システムコース

都市環境システムコース

都市環境システムコース

<未来へ受け継がれるな都市環境の創造>

今日の都市は,ごみ・廃棄物,景観,環境汚染,防災,水源,エネルギー,リサイクル,通信・道路網などの環境問題,また,コミュニティの形成,情報流通,過疎・過密など人の繋がり方の問題など実に多様な課題を抱えています。都市環境システムコースは,こうした課題に対して,都市環境のあり方を総合的に教育・研究する全国でも数少ないユニークなカリキュラムを用意し,21世紀の豊かな環境構築と都市環境問題の解決に対して,探究心をもち,総合的かつ積極的に取り組む意欲のある人を求めています。

私たちは都市環境のあり方を考えるうえで,「場」と「流れ」という2つの概念を導入しています。「場」は「空間としての都市の特質」であり,「流れ」は「都市の成立に欠かせないすべての動的要素」ととらえ,これらが調和する都市環境こそが私たちがめざすものです。また,総合的な視野,英知と実践力を以って「人としての尊厳を最も大切に考える都市環境システムの設計」を推進することのできる人材を育むことが都市環境システムコースの使命であると考えています。そのための教育カリキュラムは,環境の基盤となるハード,人と人とのコミュニティや情報の流通を司るソフトに関する工学的技術を幅広く学び,確かな専門性を身につけることができるように1) 現場での体験型演習や実験,2)実社会との連係,3) 少人数による実践的トレーニング,4) 常に新鮮で実践に生きる知識,5) 国際交流の5つを重視して構成されています。

当コースは,都市空間計画,都市基盤工学,都市環境工学,都市情報工学の4つの領域から構成され,都市計画,住環境計画,都市空間設計,都市経営,都市防災,都市基盤,環境マネジメント,環境エネルギー,環境リサイクル,都市環境,都市通信,都市数理解析などのテーマについて,連携しながら教育と研究を進めています。

卒業後は,都市環境の形成にかかわる,民間企業(製造,建設,情報通信など),コンサルタント(設計,経営など),シンクタンク,国や自治体,公共企業,教育研究機関,NPO (非営利組織),ベンチャー企業などで活躍しています。また,専門性を究め,知識と実践力の研鑽を目指ざして全体の半数以上が大学院(博士前期課程)に進学しています。

進路状況(2014年度卒業生)

建築・都市科学専攻の就職データです。

建築学コース

主な就職先

  • リストAIS総合設計
  • リスト旭化成ホームズク
  • リスト岡村製作所
  • リスト鹿島建設

  • リスト佐藤総合計画
  • リスト清水建設
  • リスト大成建設
  • リスト山下設計

都市環境システムコース

主な就職先

  • リストJFEエンジニアリング
  • リストJFTシステムズ
  • リストLIXIL

  • リストNECソリューションイノベータ
  • リストNTTファシリティーズ
  • リスト東京都庁

  • リスト(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • リスト東日本旅客鉄道(JR東日本)
ページ上部へ