千葉大学 大学院工学研究科・工学部


e_20.jpg
田中 学
タナカ ガク
Gaku Tanaka
教授
人工システム科学専攻
機械系コース
機械工学科
環境・熱流体エネルギー教育研究領域
043-290-3180
043-290-3180
gtanaka@
(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
http://www.em.eng.chiba-u.jp/~tanaka/
慶應義塾大学理工学部機械工学科1992,慶應義塾大学大学院理工学研究科1994修士(工学),同1997博士課程単位取得,同1998博士(工学)
千葉大学工学部助手,共同研究推進センター助教授,知的財産本部助教授,工学部助教授・准教授,インペリアルカレッジロンドン客員研究員,理化学研究所客員研究員
日本機械学会,日本生体医工学会,日本伝熱学会,低温生物工学会
熱流体工学,生体医工学
[a]熱エネルギの有効利用に関する研究:
相変化を利用した高性能蓄熱技術・負荷変動吸収技術,高密度熱輸送技術,振動流を利用したコンパクト冷却技術,微細藻類を利用した二酸化炭素固定化技術,可燃性気体取扱設備の破断事故時における気体流出量予測技術,熱疲労を誘起する温度変動現象
[b]医用・生体熱工学に関する研究:
細胞の凍結保存,肺気道内の流れとガス交換,動物の呼吸
[1] 曲がり管内振動流に発生するカオス混合の可視化,日下秀之,湯口成一郎,田中学,可視化情報学会論文集,Vol. 35, No. 10,pp. 29-35,2015.
[2] 鼻腔内熱流動ボクセル解析における横断面医療画像二次元補間の有効性,磯部光基,木村祐介,木村真也,世良俊博,横田秀夫,小野謙二,田中学,生体医工学,Vol. 53, No. 3,pp. 160-167,2015.
[3] Visualization of particle deposition in human nasal cavities, H.Sakai, Y.Watanabe, T.Sera, H.Yokota, G.Tanaka, Journal of Visualization, Vol. 18, No. 2, pp. 349-357, 2015.
[4] Repression of wall shear stress inside cerebral aneurysm at bifurcation of anterior cerebral artery by stents, R. Yamaguchi, G. Tanaka, H. Liu, H. Ujiie, Heart and Vessels, pp. 1-6, 2015.
[5] Effects of supercooling degree and specimen size on supercooling duration of Erythritol, T.Adachi, D.Daudah,G.Tanaka, ISIJ International, Vol.54, No.12,pp. 2790-2795,2014.
[6] 医療画像に基づく鼻腔内熱流動のボクセルシミュレーション,水谷崇志,磯部光基,田中学,世良俊博,小野謙二,生体医工学,Vol.52,No.1,pp.33-41,2014.
[7] Enhancement of heat transportation by oscillatory flow in a curved tube,G.Tanaka,K.Shiratori,S.Yuguchi,H.Yu,International Journal of Heat and Mass Transfer,Vol.70,pp.556-563,2014.
[8] Gas dispersion of oscillatory flow in expanding and contracting multi-branching airways,T.Sera,H.Yokota,R.Himeno,G.Tanaka,International Journal of Heat and Mass Transfer,Vol.65,pp.627-634,2013.
[9] エリスリトールの過冷却に関する研究−試料容積,容器接触面積,及び異質浮遊粒子の影響−,安達卓宏,中嶋達也,田中学,日本冷凍空調学会論文集,Vol.30,No.3,pp.203-211,2013
[10] Murine pulmonary acinar mechanics during quasi-static inflation using synchrotron refraction-enhanced CT,T.Sera,H.Yokota,G.Tanaka,K.Uesugi,N.Yagi,R.C.Schroter, Journal of Applied Physiology,Vol.115,pp.219-228,2013.
[11] Spatial and temporal variation of turbulence during oscillatory flow in realistic model human airways,G.Tanaka,A.Hatori,R.Takano,Journal of Fluid Science and Technology,Vol.7,No.1,pp.53-63,2012.
[12] Kinematic irreversibility of oscillatory flow in expanding and contracting small airways,G.Tanaka,M.Ohgawara,G.Inagaki,M.Hishida,T.Sera,International Journal of Heat and Mass Transfer,Vol.55,pp.1873-1880, 2012.
熱力学,熱力学演習,機械工学実験Ⅰ・Ⅱ,
エネルギーシステム工学(大学院)
研究概要.pdf(pdf)