千葉大学 大学院工学研究科・工学部


s写真_3724大武美保子.jpg
大武 美保子
オオタケ ミホコ
Mihoko Otake
准教授
人工システム科学専攻
機械系コース
機械工学科
043-290-3185
otake@
(@マーク以下にchiba-u.jpと入力してください。)
http://www.otakelab.net/
1998年東京大学工学部機械情報工学科卒業、2003年東京大学大学院工学系研究科機械情報工学専攻博士課程修了、博士(工学)。
2003年東京大学大学院情報理工学系研究科特任助手、2005年総括プロジェクト機構講師、2006年人工物工学研究センター助教授、准教授、2012年千葉大学大学院工学研究科准教授。2004-2008年、2010年-科学技術振興機構さきがけ研究者。2008年より、NPO法人ほのぼの研究所代表理事・所長。
IEEE,SfN,日本ロボット学会、人工知能学会
ロボティクス、人工知能、人間情報学
認知活動支援システム,会話支援ロボット,機能性高分子センサアクチュエータ,生体計測,人間行動計測,ヒューマンモデリング,サービス創造,人工知能,健康・医療・福祉工学,データ科学
[1] 大武美保子.認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学—会話における思考の状態遷移モデルと会話相互作用量計測法の開発—. 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 5, pp. 662 - 669, 2010.
[2] Mihoko Otake, Kohei Arai, Motoichiro Kato, Takaki Maeda, Yusuke Ikemoto, Kuniaki Kawabata, Toshihisa Takagi, and Hajime Asama “Experimental Analysis of the Attribution of Own Actions to the Intention of Self or Others by the Multiple Forward Models”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 19, No. 4, pp. 482-488, 2007.
[3] Mihoko Otake and Toshihisa Takagi. Reassembly and Interfacing Neural Models Registered on Biological Model Databases, Genome Informatics, vol. 16, no. 2, pp.76-85, 2005.
[4] Mihoko Otake and Yoshihiko Nakamura. Spinal Information Processing and its Application to Motor Learning Support, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 17, No. 6, pp. 617-627, 2005.
[5] Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Motion design of a starfish-shaped gel robot made of electro-active polymer gel. Robotics and Autonomous Systems, vol. 40, pp. 185-191, 2002.
[1] 大武美保子.介護に役立つ共想法−認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション,中央法規出版,207pages, 2012
[2] Mihoko Otake. Electroactive Polymer Gel Robots  Modelling and Control of Artificial Muscles, Springer-Verlag, 238 pages, 2009.
研究概要大武.pdf(pdf)